箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

レンタルマギカ 12話

聖夜に捧げるレクイエム

いつきが誰かにクリスマスプレゼントをあげようとしていることを聞いた穂波とアディリシアは、いつきを尾行する。
二人とも自分かもしれないとドキドキしていたが、プレゼントの相手は幽霊の少女だった。
穂波を探しに来たまなみも加わり、三人でいつきの後をついていくと、いつきは教会の中へ入っていく。
呪波汚染が発生しており、いつきが誘い込まれたと思った三人はアディの魔法で教会に乗り込むが・・・。


穂波とアディは勘違いでした。
なんていうか、二人が期待してる時点でプレゼントの相手ではないのは確定ですからね。
尾行っていうかストーカーっぽいです。
いつきは いつぞやの神社でバイトをしていたらしいです。
社長なのに・・・。
裏口から出て行ったので、実は尾行に気づいてるんじゃないかと思いました。

幽霊の少女とともに教会へ入ったいつきを助けようと乗り込んだ三人。
ものすごい場違い感がなんともいえませんでしたw
子ども達の過去が挿入されました。
あれって、まなみの能力で、彼女が見せたのでしょうか?
神父さんがいないのはちゃんと召されたんでしょう。
キリスト教なので断じて成仏ではないですねw

いつきが提案したプレゼントは、歌。
あれ、じゃあもしかしてバイト代は未使用でいつきの手元に・・・?
恥ずかしがっていた穂波とアディですが、まなみが歌いだしたのでみんなで歌います。
あと魔法でイルミネーションっぽいこともやってました。
やっぱり手品師の認識は変わらない・・・!
それに指揮はいらんやろ。
いつきたちのプレゼントのおかげで子どもたちも召されていきました。
呪波汚染の核はクリスマスプレゼントの人形でした。
なんか悲しいなぁ。無害な呪波汚染もあるんですね。

アストラルに戻ると、クリスマスパーティーが開催されました。
今まで関わった人が招待されていて、最終回みたいでした。
おまけにEDはアストラルのみなさんverだし。
スポンサーサイト
[ 2007/12/27 19:37 ] レンタルマギカ | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

(アニメ感想) レンタルマギカ 第12話 「聖夜に捧げるレクイエム」
レンタルマギカ アストラルグリモア 第I巻(限定版)年末が近づき、忙しく仕事に追われるアストラル社員達。そんな彼らに、いつきはある事を言い出せずにいた。そして・・・。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。