箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ef-a tale of memories 12話

love

デートが終わってからとっくに13時間経ち、蓮治は千尋を想って悲しみにくれる。
蓮治は千尋のことを忘れられないのに、千尋は忘れてしまったようだった。
ショックを受けるが、千尋の日記の紙飛行機を見て散らばった日記を集めに走る。

アバン。千尋のモノローグで最終回は始まります。
千尋は少年との全てを「書き間違い」といいます。
それが正しいとか間違ってるとかじゃなく、そうせざるをえない状況が悲しいです。

OPからやってくれました。
日本語、カップル成立(なんか違うかんじが・・・)、鎖から解放。
OP見ててドキドキするのも珍しいです。

火村さんに「終わったんだよ」って言われました。
火村さんに言われると重みが違う気がします。
おまえに「も」って言ってたのが気になりました。
やっぱり優子は故人なの?そうなると思い出すのが音羽は震災から復興した街だってこと。
この世にあるのは、偶然と必然、それと自分が何をするか、だそうです。

久々登場の久瀬さんに励まされました。
想いがなければ何も叶わない、と。

それでも踏み出せない少年ですが、千尋の日記の紙飛行機を見て行動を開始しました。
千尋の記憶は消えてしまったけれど、日記そのものは消失したわけじゃないです。
日記があれば、またやり直せます。
もう一度最初から出会いなおすのかなーとか思ってたのでちょっと意外でした。
まだ全然足りないけど、もう一度千尋に会いに行って決意を伝えます。
少年ぼろぼろでした。うん・・・あんまし運動神経よさそうじゃないしね。
千尋の台詞を思い出すだけで鳥肌たちそうなんですが!
曲もeuphoric field→悠久の翼になってテンションが上がりました。

日記がなくても千尋はちゃんと覚えていました。
翼が生えて鎖から解き放たれる演出もすごかったです。
OPで解放の絵がないのは千尋だけですが、その辺も最初から全て込みの演出だったのかな。
13時間一度も思い出さないなんてできなくて。
記憶障害に負けない、忘れられないものができたことが解放ってこと。
千尋の「euphoric field」は少年のそばってことかなー。
この二人本当に好きです。なんか見てるだけで笑み崩れそうな。

coda dream

euphoric fieldにならないなーと思ってたんですが、こういう形で完成しました。
後日談でした。
みやこと紘はすっかりラブラブ・・・というか新婚さんのようですね。
紘のことを名前で呼んでたのが妙に照れました。なんで私がw
景と京介は・・・どんなだろう。別につきあってるわけでは・・・ない?
「ついてきてよね」は告白っぽかったですが。
千尋は少年のとってくれたぬいぐるみを見て微笑み、少年は千尋とのことを小説にしようとします。
進路希望調査書には、小説家、の文字が。
「それは、45秒未満の邂逅だった―」
この時の音楽はヒロインそれぞれのEDでした。のっちゃう。
ラストはちょっとくどかった気がしないでもないですが。

EDは悠久の翼。
しかも優子ver。おおぅ。
Cパートで出会う優子と火村さん。
この二人の関係も気になるところですが、アニメは千尋の話がメインだったと思うので。
関係を匂わせる、このくらいでよかったです。
スポンサーサイト
[ 2007/12/27 20:20 ] ef-a fairy tale of the two | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。