箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Myself;Yourself 13話

きずな

菜々香は失った記憶を全て思い出した。
それはあまりに重過ぎる記憶で、その日から菜々香はひきこもってしまう。
佐菜は毎日のように家を訪ねるが、いっこうに会えずにいた。
そんなある日、菜々香が自殺を図ろうとしているのを見つける。
目覚めた菜々香はまだ心を閉ざしているが、佐菜は自分の過去を話し、再び菜々香と心を通わせた。


いや、本当に重い過去でした。
実は菜々香がヴァイオリンの先生の子どもで、それがきっかけで菜々香の家庭は崩壊。
しかもその現場を見てしまった、なんて。それは封印したくもなります。
出火場所って洗面所じゃなかったっけ?記憶違いかな?

菜々香母の行動は
桜庭さんと別れて神主さんの弟と結婚→既に菜々香を身ごもっていたことを知るが、弟に打ち明けず出産→
桜庭さんに菜々香のヴァイオリンの先生を頼む(この辺で桜庭さんに打ち明けた?)
こんなんかな。どうにも納得できなかったので考えてしまいました。
どうして弟が菜々香が自分の子じゃないって気づかなかったのか疑問です。
いや、出産時期とかで、ねぇ?
出産前に両方と関係があったらどっちの子どもか分かんないじゃん。
ていうか設定ありきで作られたエピソードってかんじがしてしまって、どうにも素直にのみこめなかったです。
これは後の菜々香リスカもそうだけど。
もうちょっとその「作られた」感を隠してほしかったです。

神主さんはやっぱりというか、犯人じゃなかったですね。
ミステリーのように、怪しすぎる人物は犯人じゃない、と。
マイユアだったら本当に犯人が神主さんな鬱展開もあるかも、と心配してましたがw
そういえば以前出てきた刑事さんが言ってた「神主兄弟が言い争ってるのを見た」ってのは、今回出てきた飲みのシーンを指してたんでしょうか。これも伏線回収?

桜庭さんはハタ迷惑な人でした。正直そう思いました。
穿った見方になりますが、罪の意識に耐えられなかったってよりは弟に一矢報いてやれってかんじがします。私ってひねくれもの。

さて、我らが主人公の佐菜は雨の日も風の日も(?)菜々香に会いにやってきます。
菜々香の知らないところで すっかり公認の彼氏です。
菜々香のリスカ現場に居合わせ、見事彼女を助けたのはGJでした。
彼女は素直に助けを求めるのが難しいんだろうなぁ・・・。
というわけで佐菜が過去を語ります。
この辺りは絡め方含め予想通りでした。
佐菜が「死ななくてよかった」としている理由に微妙な違和感を感じつつ、菜々香は真摯な気持ちを分かってくれたようで良かったです。

CM。ハートフルラブストーリーって、自分で言ってて寒かったんじゃないだろうか、小清水さん。

10年後・・・・
・・・え?これにはぶっ飛びました。
菜々香のヴァイオリンのコンサートの日の話。

雛子変わらないです。リアルに10年後の雛子くらいな年齢な私から見れば、ツインテールはきついです。
あれはツインテールじゃないんだけど。
どうやら あさみの親戚の陽太とつきあっている様子。年下にも大人として扱ってもらえない雛子w
最初陽太が誰か分からなくて、真剣に悩みました。まさか佐菜の子ども?とかw

あさみと麻緒衣はそろって登場。
ここは好きでした。登場人物のその後は気になるので、こんな形での補完も悪くないです。
あさみが頑張ったのは朱里への罪滅ぼしですかね。
前回全く出番がなかったのが役割的に不満だったので、彼女のその後に思いを馳せられて良かったです。
一緒に出るのが麻緒衣だってのも、幼馴染の中ではあさみを受け入れる度量があるのは彼女だと思うので納得です。
ここしか出番がなかったけど・・・それはしょうがないかなw

修と朱里も来てました。
え、あれじゃ本当に禁断の関係になってしまったように見えるんですが・・・・

佐菜はとうとう菜々香にプロポーズしました。
もちろん返事はOKです。柚希先生からキャラメルもらえました。先生も頑張ってね。
菜々香が演奏した曲は、いつか佐菜に送った曲。
ヴァイオリンの音色にのせて、物語は終了。


ヴァイオリンがEDの方が良かった気がしますが。
なんだかんだで楽しく見ていました。
個人的には佐菜と菜々香の話をもっとつっこんで描いてほしかったんですが。
さらに欲を言えば、OPみたいにみんなが仲良く楽しくいられたのが理想。
テーマは「変わるもの、変わらないもの」だと思うので、過去にかかわりのない雛子やあさみが出張りすぎたかんじもします。
アニメではメインヒロインが菜々香で固定なのだし、その辺深く掘り下げてほしかったなーって。
とは言えあさみの動向は見ごたえがありました。
双子の話も菜々香が空気でしたがぐっときました。
なんだかんだ言っても最後まで見てしまったし、純粋に応援したくなったし、ハッピーエンドで安心しました。
感想かいてて、やっぱりこのアニメ好きだと思いました。
しかし私は佐菜に一言いいたい。
10年も菜々香を待たせるなよ!
多分菜々香はずっと待ってたよ。そして叔父さん夫婦はじれったくてやきもきしてたよww

最後の提供が、いつか麻緒衣が佐菜に作ったケーキでした。
スタッフさんの愛を垣間見れた気がして◎でした。
スポンサーサイト
[ 2007/12/29 18:33 ] Myself;Yourself | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

(アニメ感想) Myself;Yourself 第13話 「きずな」
Myself ; Yourself Vol.1あることがきっかけで、欠落していた火事の夜の記憶を取り戻した菜々香。過去の自分に起きた出来事を受け入れられず、思いつめる菜々香に佐菜は優しく寄り添おうとするのだが……。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。