箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2008冬の新作アニメ感想③

俗・さよなら絶望先生

最初からカオスw
冷静に見ると何が何だかなんですが、思い出すだけで笑えるから不思議。
相変わらずなテンションで大好きです。
というわけで相変わらず見たり見なかったりなんだろう・・・。
EDがww

みなみけ~おかわり~

製作会社が変わってどきどきの第一話。
うーん・・・キレが鈍ったのかテンポが変わったのかツボから外れたのか・・・。
正直前の方が好きでした。OP・EDも普通の歌っぽくなっちゃったし。
うちの地域では無印最終話と連続で放送でした。テレビ大阪は鬼畜だと思ったw
絵は慣れの問題。
キャラクターの動きや千秋の髪のうにょうにょさは好きだったり。

ARIA The ORIGINATION

あれ、みなさん声忘れちゃったんじゃ・・・。ていうか私が忘れたのか?
ARIAらしく、まったり始まりました。
向上心を持ち続けること、これって何事にもあてはまります。
まったりなんだけど、すごく基本的ででもとても大事なことを含んでますね。
嫌味なく入ってくるのが魅力かなー。
OP・EDもよかった。スピラーレって(そよ風が)吹くって意味でいいのかな。

GUNSLINGER GIRL-IL TEATRINO-

おや?設定は重いけど結構明るい話でした。
闇は見え隠れしてるけど、花とんでました、みたいな。
しかしイタリアに黒いイメージを持ちそうですよw
一期は見てなかったので楽しく見れました。
ヘンリエッタはどんなストーリーを上演するのか。
スポンサーサイト
[ 2008/01/11 22:39 ] その他感想 08年1-3月 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。