箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

DARKER THAN BLACK 黒の契約者 14話 感想

銀色の夜、こころは水面に揺れることなく・・・

今回は色々な意味でトキメキました。はは。

さて。今回のこも乃的ポイント。

黒の銀に対する気持ちの変化
6話で銀の手を振り解いた時とは全然違います。
12話あたりから変化が現れ始めたような気がする・・・。
「ありがとな」って言ってみたり鉄材から守っちゃったりねぇ。
最後には感情がないドールのはずの銀に「おまえが選べ」って言っちゃう。
本当に感情がないなら選択って出来ませんよね。
そして今回明確に言葉にしましたね。
仲間だって!
そこが一番嬉しかったのですよ。キュンキュンなのですよ(笑)

契約者って。
契約者って人間としての心を失ってるんですよね。確か。
けど前回のニックさんや今回の歌手さん、ポエマーをみてるとどうもそんなかんじがしない。あれ?
そもそも黒が異質な存在なのか、それとも契約者でも感情をもつことは可能なのか。
そういえば6話でハヴォックは能力が戻っていたにもかかわらず感情があるようでした。対価と同じで精神的なもの、個々人の問題なのかなぁ。
えっと、つまり契約者だから絶対こうなるって決められているわけじゃないってこと?

銀と今回のサブタイトル
てっきり、「やっぱり銀はドールだから残念だけど心は動かなかったよ(まだ)」みたいなオチになるのかと思ってしまった。
「銀」と「キルシー」との間で揺れなかったってことでよいのかしら?
今回のサブタイはミスリード?
しかし私は引っかかりやすいからな。ほかの人は結構あっさり看破してたりしてーww
さてさて銀に過去の記憶があるってのもなんか重要そう。
あの口ぶりだと最初から覚えていたみたいですよね。そうでもない??
ともかく「ドールに認められる特徴」についても契約者のそれと同じように疑わしさを感じてしまう。
ポエマーが捕らえていた観測霊が解放された後の銀は本当に可愛かった。
最後の「にぃっ」ってやつも。

忘れないでー黄
うっかり書くの忘れかけたw
今回ちょっと株をあげたんじゃないでしょーか。
これから話が動いていくのに銀が退場するわけねぇー、と思って銀が死ぬことはちっとも心配してなかったのですが、まさか彼が自分の意思で銀を撃たなかったとは思いませんでした。
自分の意思で選ぶ。これって重要?

2クール目に入って本格的に話が動きそうですね。
段々変化していく黒たちチームを見るのが楽しい。
猫だけ特に変わっとらん気がするけどw
次回からは更に楽しみ。次回予告によると揃ったらしいから駒が!
黒チームと警察・天文部、アンバー。
ノーベンバー達も駒に入ってるのか?

とか色々書いといて今回一番ときめいたのは黒が歌手さんに攻撃するとこ。
我ながら実に分かりやすい。
黒の能力って自家製電気ショックにもなるんだね。 便利だw
スポンサーサイト
[ 2007/07/07 02:12 ] DARKER THAN BLACK | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。