箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

キミキスpure rouge 24話

・・・and meet again

公式のキャストインタビューに非常にうけましたw

もう主人公は一輝でいいじゃないか。
一輝を巡る三角関係はすごく幸せになれました。
恋をして知る不安とか、思うことの強さとか、恋愛をピュアに描けてたと思います。
咲野さんは振られてしまったけど、次の恋に進んでいけそうです。
二見さんの背中を押したのも良かったです。

光一は、さぁ。
自分の気持ちに嘘をつき続けたまま付き合うことはできません。
なので「約束を守れない」とちゃんと言ったのは良し、といったところなんですが。
これまでのウジウジにイッライラしてしまったのですよ。
なーんか萎えてしまってしょうがなかったです。
星乃さんが可哀想ですよ!
咲野さんみたいなフォローが一切ないですし。

光一みたいな恋も、現実にはもちろんあるでしょう。
自分の気持ちが分からなくなったり、傷ついたり、そういうこともあります。
でもこのアニメ的に一番気になったのは、光一の恋がピュアに見えなかったことです。
なんだかなぁ、というかんじ。
途中までは確かに星乃さんのことが好きだったでしょう?
それを最初から摩央姉ちゃんしか好きじゃなかったみたいに言われるときついです。

とはいえど、全体的に見ればやっぱりピュアで、時々恥ずかしくなりながらも楽しかったです。
どのキャラも等身大で頑張ってたかんじがしました。
かわいくって、いじらしくって。
恋って素敵よね、と素直に思わせてくれました。

余談。
柊にまで恋愛フラグがたったのはびっくりでした。
しかも栗生さんとは!
先週は何故か中原さんが濃ゆい90分でした。
(MBSではCLANNAD→ペルソナ→キミキスとぶっ続けです)

甲斐くんが最後に光一を後押ししたのも意外でした。
私・・甲斐くんが頬を染めてると直視できなくなります。
摩央姉ちゃんと早めに友達に戻ったのは私の目には優しかったw
いや、嫌いなわけじゃないんですよ?

キミキス pure rouge オリジナルサウンドトラック
スポンサーサイト
[ 2008/03/25 00:15 ] その他感想 08年1-3月 | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

キミキス pure rouge #24 「・・・・・・and meet again」(最終話)
【あらすじ】明日夏たちの試合、なるみたちのうどん、映画研究部の映画……それぞれの目標が学園祭で実を結んでいく。一緒に過ごす...
[2008/03/26 22:13] Shooting Stars☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。