箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

我が家のお稲荷さま。 3話

お稲荷さま。登校する

新学期が始まったが、クーとコウに留守番させておくのが不安な昇。
クーは学校に興味をもち、コウと透と一緒に昇の学校へ行く。
昇のことを好きな少女・佐倉は突然あらわれた金髪女性&巫女に気が気ではない。


後半の妖怪戦は別に特に・・・といったかんじなんですが(おい)
前半は楽しかったです。
昇の連想と佐倉の妄想が。

昇は本当に所帯じみてる、というか。
冷凍庫は教えてなかった、とか柄物と一緒に洗濯しちゃだめだ、とか些細な言葉に反応してたので、これからも心労は続きそうです(汗)
油→火事→破産!には笑いました。
たくましい連想力で。と言いたいところですが、冷蔵庫は開けっ放しで水は流しっぱなしだったので、ありえないと一蹴することもできずw

一方佐倉のはありえないと言い切れます。
クーもコウも恋愛対象じゃないでしょう。
昇とクーが付き合ってるんじゃないか、は分かりますが、巫女の格好は昇の趣味!?は さすがに飛躍しすぎです。
それでこそ妄想w
しかも巫女さんの格好するのマンザラでもなさそうw 気持ちは分かるヨ
巫女服とかメイド服に憧れを抱く女子は少なからずいるよね?
十二単は着たことあるんだけどww

妖怪のことは記憶の底~に沈められてしまった佐倉ですが、そのうち思い出すんでしょうか。
妖怪ぬきに この話のメインに絡むのは難しいと思うので、早々に思い出してほしいです。
カモン!妄想!ですよ。
ていうか昇と付き合っちゃえよ、みたいな。
どうやら昇は鈍い人・・・というか今のとこ恋愛に興味なさそうなのですが。
(クーやコウのことで手一杯)
二人とも些細なことで妄想大会、とか見てる分には非常に面白そうじゃないですか。

今はキャラの顔見せなんでしょう。
でも まったり進行に少し焦れてきました。
そろそろお話が動いてほしいなーと思う次第。
これ火曜の夜放送なんですが、水曜は1限からなので7時に家出ないと遅刻です。
ずっと今のかんじだと切ってしまいそう。
(あんな辺鄙な場所にあるくせに1限の開始時刻20分早めるなんてヒドイ・・・)

我が家のお稲荷さま。 2 (2) (電撃コミックス) コウは家事をしてはいけません。――その命に代えてもw
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

我が家のお稲荷さま。 第3話 「お稲荷さま。登校する」
【あらすじ】新学期が始まり、それぞれ学校に行く昇と透。しかし昇は、家に残してきたクーとコウが何かしでかすのではないかと心配...
[2008/04/26 13:50] Shooting Stars☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。