箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

隠の王 3話

襲撃

灰狼衆は、風魔の里に保管してある秘術書を奪いに襲ってきた。
居合わせた壬晴たちは彼らと戦うことになるが、宵風に苦戦する。
絶体絶命のとき、風魔小太郎が里に戻ってきた。


風魔忍、弱すぎ。 これに尽きると思います(え
まともに戦えるのが小太郎しかいないんじゃ、未来は暗いと思いますよ?

冗談(本気だけど)はさておき、宵風が登場しました。
とっても重要キャラみたいです。そして美形だった。
「キラ」という、自分の生命力を相手に打ち込む(?)技をもっていました。
使うたびに寿命が縮まる、ということでしょうか?
術者にも相手にも見た目にも えげつない技ですね。
壬晴以上に無関心を装ってる人なのか、、、無口なだけ?

壬晴の小悪魔スマイルが敵にも有効だったとは驚きましたw
あそこで「おかえり」はないだろうよ、と思いましたが。
ある程度 茶目っ気のある人にしか効かないんでしょうね。
だから宵風には効かなさそう。

宵風の「キラ」に為すすべもなくやられていく仲間達。
(でも雲平先生1回目は防いでたよね?防ぐ方法はあるの?)
仲間のために自分を差し出そうとする壬晴ですが、それに雲平先生は怒ります。
互いを思ってるのに空回ってるみたいでちょっと辛いです。
きっと壬晴は自分のせいで誰かが傷つくのが嫌で許しがたいことなんでしょう。
ともに傷ついてもいい、と思える人に巡り会ったら、すごく のめりこみそう。

おいしいところ(?)で小太郎 登場です。
なんかもう雲平先生死にそうでしたが、過去のことに触れずにお亡くなりにはならないかな?
雷鳴の探してる人って誰だろう、とか意外と虹一強いじゃないか、とかは置いといて。
自分の存在が他人を危険に巻き込んでる、と身にしみてしまったであろう壬晴がどう行動するのか気になります。
自分の殻を破って、それでもみんなと居続けようとするのか、まだ変われないか。

HIKARI euphoric fieldのCMもやってるw
スポンサーサイト
[ 2008/04/25 04:23 ] 隠の王 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。