箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ドルアーガの塔 4話

バンド・オブ・ハンド

塔を登り始めて1日、さっそく全滅の危機におちいるジルたち。
唯一の登頂経験者のアーメイからレクチャーを受ける。
実力がともなわない自分にジルは落ち込むが、カーヤは励ました(?)。
そこにモンスターが襲ってくるが、パーティの力を合わせて倒すことができた。


アーメイ、とんだ貧乏くじでしたね。
自分以外みんな初心者とは、先が思いやられます。
アーメイの苦い表情に誰も気づいてなさそうなのが笑えました。
カーヤは気づいてないふりをしてるだけかもだけど。

ニーバの謎は深まるばかり。
サキュバスとは顔見知りのようです。
お互い利用しようとしてるんでしょうが・・・。目的が不明なのでどうにも気持ち悪いです。
パーティの仲間に隠し事が多いのは信用してないからなんでしょうか。
仲間を信じないとできない盾役のジルとは対照的なかんじです。
でもジルのことは本当に心配しているみたいですね。
それにしても17歳に見えない。

食料は現地調達が基本です。
というわけでローパーの触手を煮込んだのがメインディッシュw
女の子は物怖じせずに食べてたのがおかしかったです。
触手くらいなら まだ大丈夫だと思うんですけど。
この先更なるゲテモノが食事になりそうで楽しみです。
そういえば、ニーバ味見してました。ということは料理役はニーバ・・・?

カーヤは本当に掴み所がないです。
とりあえず、病気の弟は存在しないと思いますw
でも彼女なりの譲れない理由があるんでしょう。
ジルはジルが思うほど弱くない、だっけ?思うより強い、だっけ?
みんなを説得してクサラックに盾を構えたところは、そんな風に見えました。
カーヤの言うことは根拠がないのですが あながち間違いじゃなさそうなのが恐ろしいw

ジルたち、ニーバたちの他にも、親衛隊やパズズも塔を上っていきます。
やがて戦うことになりそうです。特にパズズ。
親衛隊のもみあげの人は、・・・愚かでしたね。

最後のジルたちが寝ているところ、アーメイがお母さんのようでした。
なんというか、これからのパーティの絆みたいなものを予感させて良かったです。
次回はメルトに災難がふりかかるのでしょうか。
自分にとっての最大の悲劇は 他人にとっての最高の喜劇って展開ですかね~。くす。

ドルアーガの塔~the Aegis of URUK~第1の宮
スポンサーサイト
[ 2008/04/26 22:40 ] ドルアーガの塔 | TB(6) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

(アニメ感想) ドルアーガの塔 -the Aegis of URUK- 第4話 「バンド・オブ・ハンド」
ドルアーガの塔~the Aegis of URUK~第1の宮各所でモンスターとの戦いを繰り広げる登頂者たちに混じり、ジルたちもまた初戦を迎える。しかし、最初の戦いともあってパーティは連携が取れず、強敵クサラックの前にいきなり苦戦を強いられてしまう。唯一の登頂経験者である....
ドルアーガの塔 第4話『バンド・オブ・ハンド』
ドルアーガの塔
[2008/04/30 17:09] ゲーム&アニメ感想館
ドルアーガの塔 第4話 バンド・オブ・ハンド 感想
ドルアーガの塔 第4話の感想と1コマ漫画ですよ中世サスペンス劇場『ドルアーガの塔』†//続きを読むで感想
ドルアーガの塔~the Aegis of URUK~ 第4話「バンド・オブ・ハンド」
ドルアーガの塔the Aegis of URUK第1の宮ファティナ出た~~。バンザ~~イ。うん、結構出番あるじゃないの。良いね良いね。そして火炎放射器使いである事が分かってちょっと吹いた(笑)大技ですな。何かもっとスマートな技を使うのかと思っていたの....
[2008/05/01 20:17] シバッチの世間話
ドルアーガの塔 第04話 感想
 ドルアーガの塔  第04話 バンド・オブ・ハンド -キャスト- ジル:KENN カーヤ:折笠富美子 アーメイ:早水リサ メル...
[2008/05/01 20:23] 荒野の出来事
ドルアーガの塔第4話「バンド・オブ・ハンド」
 ギルガメス王暗殺計画に巻き込まれたジル。その場に居合わせたニーバの機転によって、何とか脱出に成功したが、故郷に帰るように忠告された。翌日殺されたはずのギルガメス王がパレードを見守っていたので、驚愕し言葉を失ったジル。更にドルアーガの塔にいる、モンスター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。