箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

隠の王 7話

決する心

戸隠の里の首領が、萬天に仕事の依頼をしてきた。
戸隠の禁術を使うと人の心を読むことができる。
後ろ暗い秘密を持つ雲平先生は引き受けることにした。
仕事の当日、先生は一人でやると言い出すが・・・。


前回のことで、壬晴は先生に何があったか問い詰められますが、いつもの小悪魔でかわします。
無関心スーツ着用中の壬晴に本音を話せと言っても無理なんでしょうね。
一度聞いて答えなかったら あきらめた方がいいようです。
割り切っちゃえばいいのに。
でも先生がいじられるのは楽しいので そのままでいて下さいw

先生が守りたいのは、壬晴の命じゃなくて人生、なんですね。
だから ずっと張り付いておくことも閉じ込めてしまうこともできない。
壬晴は、秘術を打ち破る王になるか、意のままに操る王になるかは分からない、と言います。
少なくとも風魔にいた時は打ち破る方に傾いてたはず。
これって「何があったのか」の質問に対しての答えの代わり?
かなり譲歩したんじゃないの、壬晴。

人の心を読める秘術で、みんなの秘密を知られてしまったようです。
壬晴と宵風の約束も知られてしまったんでしょうか。
雲平先生は、アサヒという人の死の真相を知られたくないそうです。
多分、壬晴のお母さんですね。
壬晴が無関心を装うようになったのは、母親の死が堪えたからでした。
なおさら言えない。

隙を見せた戸隠の首領を、すかさず虹一と雷鳴が狙いますが、先生が止めてしまいました。
敵も味方も殺したくない、という人なので仕方ないですが。
秘密はばらされたくない、報酬は戸隠の禁術書、でも引き受けて良かったんだろうか。
仕事の内容は暗殺でした。
思いっきり主義に反するよ。

ターゲットの周りには灰狼衆・・・宵風と雪見がいました。
ごめん、ED見るまで雪見がいてたこと分かんなかった。
普段と違う格好してると分かんないよw
どうやら次回 再びぶつかるようですね。
先生が一人でやるっていっても、うまくいくとは思ってません。
だって先生甘いもん。ちらちら感想を見て回ったところ、みなさんそう思ってらっしゃるようでw

眼鏡の嫌~なかんじの人と首領さんの因縁とかも語られるでしょうか。
虹一も戦うことになるみたい。
虹一が一番 忍っぽいかんじがします。冷徹というか。

隠の王 (1) Gファンタジーコミックス 壬晴と宵風の接触もあるかな?
スポンサーサイト
[ 2008/05/22 08:37 ] 隠の王 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。