箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

隠の王 9話

前奏曲

今回は簡潔に。

・壬晴と雲平先生
壬晴の祖母が旅行中のため、雲平先生の家に泊まることになりました。
そこでお互い秘密はなしにしようと提案します。
宵風とのことも話す気でいたようで、壬晴にとっては大きな決断でしたね。
でも先生が頑なな態度を取りました。
目に見えて動揺しといてあの誤魔化しはなかろうよ。
せめて断片的にでも話さないと、信頼は得られなかったと思います。
せっかく壬晴が珍しく自分の気持ちを言ったのに。

・雷鳴と雷光
灰狼衆で、造反者を取り締まる「分刀」として動く雷光。
両親の命日であり雷光が清水家を「裏切った」日に雷鳴を呼び出しました。
でも雷光、泣いてましたね。何があったんだろう。
手段はどうあれ、この世を良くしたいと思ってるようなので、何か理由がありそうなんですけど。
えー・・・多分、雷光の方が強いよね(^^;

・宵風
キラによる消耗は止められず、残り数ヶ月の命らしいです。
どうやら耳が聞こえづらくなっている様子。
それでも壬晴に会いに行こうとしますが、途中で倒れてしまいました。
宵風を拾った女の人は先生の同居人?
雪見は優しいから、好意をもっているみたいですね。

・虹一
雲平先生の甘えを指摘し、覚悟を決めろと言いました。
ねぇ、本当にこの人 何者?
普通に学生じゃなさそうですよ・・・。

・その他灰狼衆
雪見に妹がいてビックリ。結婚してて更にビックリ。
俄雨は正義を語ってましたが、隠の世から表の世に干渉することに正義を語られてもねぇ、というかんじ。
だれかれ構わずに喧嘩吹っかけるのはやめた方がいいと思います。
首領・服部ジョージは底の見えない人だなぁ。
本当に世の中を良くしようとして森羅万象を狙ってるのかしら。

隠の王 1 (初回生産版) 
スポンサーサイト
[ 2008/06/05 02:27 ] 隠の王 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。