箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

隠の王 10話

ポルカ 雷鳴と雷光

一族の仇を討とうと、雷鳴は雷光に戦いを挑みます。
実力の差は歴然と思ってたけど、本当に雷光の余裕勝ち・・・。
その気になれば雷鳴を殺せましたが、浅く斬っただけでした。
ただ、黒ガモンは奪いました。
侍としての命は断たれ、それを雷鳴は屈辱を味わわせるためと解釈しました。

どうも雷鳴、雷光に対するイメージが凝り固まっているようです。
話も聞かず、勝手に決め付けていては 相互理解なんて夢のまた夢。
いや、思いっきりする気なさそうですけど。
ていうか雷光もさー、言いたいなら言えよ、と思いましたよ。
とりあえず黒ガモンを奪って、隠の世と関わるな、とか言ったのは、大切な妹が自分と関わることなく穏やかに生きてほしい、っていう風に見えました。

俄雨は雷光をとっても慕っていて、元気をなくしている、と心配してました。
秘密には本当に触れられたくないもの、言いたくても言えないもの、誰かが聞いてくれるのを待っているもの、の三種類あるそうです。
雷光のは三番目?ということで、雪見は聞いてやれ、と言います。
ところで当てはめるなら、一番目は宵風で二番目は雲平先生かな?

雷光が雪見と妹に、自分たち兄妹を重ねてるのが切なかったです。
大切なものが失われるのを、極端に恐れているのかしら?

一方、雲平先生のおうちに、宵風がやってきました。
というか、先生の同居人(同棲相手っぽい)の英が連れ帰ってきたのでした。
近所迷惑!と止められたのがおかしかったです。
英は尻にひいているわけではなさそうなのに、勝手に頭が上がらない。
なにせ一人だったら泣いちゃってたそうですからw
先生、今も本気で泣いてるでしょー。

どんな代償を払おうとも、話すべき時までは話せない、と隠し通す決意は固い先生。
壬晴の方も、改めて宵風を消す決心をしてました。
でも宵風は、握手に戸惑い、英の優しさも拒絶してしまいます。

壬晴も宵風も、優しさに慣れてなくて、受け入れることができません。
何も返せないって決め付けないで、返していけたらいい、くらいで気を楽に持てたらいいのに。
ただ素直に優しさを受け入れるのは、悪いことじゃないんだよ?

清水兄妹メインかと思えば、英のインパクトが大きかった今回。
次回で雷光の秘密は明かされました。(過去形w
10話・11話と続けて見たからどこが切れ目か忘れちゃった。

隠の王 5 (5) (Gファンタジーコミックス) 私服のセンスは壬晴のおばあちゃんと いい勝負?
     ↑これ私服じゃなかったんだ。
スポンサーサイト
[ 2008/06/20 21:55 ] 隠の王 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。