箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

隠の王 11話

カーテンコール

雷光の抱える秘密、清水家の過去が明かされました。
俄雨が、誰にも言わないとの約束のもと聞き出し、雷鳴に教えてくれました。
証拠は無い代わりに、かけるものは己の命。

なんだか俄雨って、初登場時はうざったいなーとか思ってたんですが(ひで
どんどん可愛らしく見えてきました。
壬晴の小悪魔にしっかり引っかかっちゃうあたり、人が好いというかw

さて、清水家の過去。
雷光は、親しい女の子に何もできなかったのが悔しくて、世界を良く変えるために力を使うべき、という叔父の誘いにのる。
しかし当主であった母や病床の父は、叔父の行動を妬みからのものと理解していた。
両親を殺され 伊肋を斬るしかなく、そこだけ見た雷鳴にはずっと誤解されたままだった。
概要はこんなかんじ?

伊肋のことを慕っていた雷鳴には本当のことを知られたくない、と黙っていることに決めても、でも憎まれるのは辛いと感じてしまう雷光。
両親の死に責任を感じちゃってるのかなぁ。
雷光は悪くないと思うよー!

叔父の中に、本当に世の中を良くしたい、という思いはあったのでしょうか。
それがあるかないかで、大きく評価が変わるのですが、個人的にはなかったと思います。
とにかく、自分で自分の行動を正義だと言っちゃうのはアウト。
正義って絶対的なものじゃないし、どうにでも姿を変えられるものだと思う。

過去を知った雷鳴は、再び雷光に会いに行きます。
そして、
兄さんのことも好きだった!と。
ちょっと涙出てしまいました。
もう後戻りできない雷光は、またも雷鳴に斬りかかります。
でもなんだか雷鳴に斬ってほしかったのかな、なんてことを思いました。

俄雨が雷鳴をかばって、斬られてしまいました。
もう俄雨も、雷光の家族のようなものですよね。
大切な人を斬ったこと、隠の世に引きずり込んだことで自分を責める雷光に、
母の教えどおりにしていたら俄雨は救えなかった、との言葉をかける雷鳴。
今の雷光を認める発言ですよね、これ。

属する組織の対立は続くので、これからも対立は続くんでしょうか。
でも和解はできたので未来は明るいかな?

隠の王 4 (4) (Gファンタジーコミックス) 女の子の泣き顔っていいよね(え
スポンサーサイト
[ 2008/06/20 22:00 ] 隠の王 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。