箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

隠の王 13話

眠らない学び舎

甲賀は「隠の世の未来を考えるための意見交換会」を主催するため、
萬天や灰狼衆に招待状を出した。
現在の甲賀の首領は不治の病で、そのためか反首領勢力が存在していた。
そんななか行われた意見交換会だが、夜中、壬晴たちは反首領勢力に寝込みを襲われる。
しかし傍目には壬晴たちが襲っているように見えたため、首領側のメンバーと戦闘になってしまう。


雲平先生と英さんはラブラブでした。ごちそうさまです。
あぁでも和むわー。
ラブ要素はないと思ってた隠に、こんなところであったとは思わなんだ。
虹一たちに気づかなくて照れてたのも良かです。
思いっきり視界に入ってたはずなのに。。。英さんしか見えてなかったんだね!
あー先生っていじるの楽しいー。

甲賀の禁術書は、ダヤという万能薬のようなものの調合法を記してあるらしいです。
調合の仕方によっては、毒薬にも生物兵器にもなる代物らしいですが、
森羅万象を剥がしたり、キラで消耗した宵風を助けられたりする可能性もあるそうです。
そして雷光は俄雨のために。
ちゃんと大事な人を失いたくない、と言えるようになった雷光も変わったなと思います。

でももう運転はしないでくださいw
みんな(何故か)無事でしたが、車は壊れてしまったようです。
あれは雪見の私物では・・・うわぁ可哀相。
(私 愛するチャリをぶっ壊されたら泣くわ・・・。去年の夏轢かれたけどw)
そんな灰狼衆ご一行を、しじまという少女が迎えにきました。

甲賀の表の顔は、アルヤ学園という学校。
学院長が首領なのですが、首領側の人間は しじま他2名の生徒会メンバーだけのようです。
他の教師は反・首領勢力らしく、副学院長の閂という男の配下っぽかったです。
生徒もその閂の言いなりに動いていました。

とりあえず行われた意見交換会ですが、目だった収穫はなかった模様。
というより、萬天も灰狼衆も禁術書が欲しくて来ているので、収穫を期待する方が間違ってるんでしょうか。
壬晴がふつう~に灰狼衆側に座っていたことに、先生はショックを受けていました。
風魔の忍なのに一緒に来ていた十字はショート(?)しちゃうし、虹一は話ができないならヤる気でいます。
ちょ、虹一 怖いって;「友達」って言った舌の根も乾かないうちに!

夜、電気もつけずに一人で窓際に佇んでいた宵風に、壬晴は英さん作のマフラーをかけます。
宵風は闇に消えてしまいたいと言う。
寂しいなぁ、そんなこと言わないで。
強引にマフラーをかけ直す壬晴が良かったです。
宵風って帽子とると本当に美少年ですね。(美青年、かな?)

さて、甲賀の生徒に寝込みを襲われました。
なんでも、閂の指示で萬天、灰狼衆を捕まえることになったとか。
なんでしょうね、人質として首領を交代させたかったんでしょうか。
なんとか逃げていた壬晴と宵風は雷鳴・十字に遭遇しました。
屈託のない雷鳴の反応が可愛くて好きです。

しかし、生徒会メンバーに甲賀の生徒をとっちめてる現場を見られたため、勘違いされてしまいました。
閂という いけ好かない教師の思惑は、この状況も想定内だったのかしら?
壬晴が一人、地下に連れ込まれて(?)しまったところで続く。

しじまという少女が気になります。
やる気が失せたって寝転がる行動も笑えますけど、そっちじゃなくて。
壬晴に関係ありそうなところが。どういう繋がりなんでしょうか。
彼女はなんとなく可愛らしい気もするんですけど、あとの二人は微妙。。。というか正直あんまり可愛くなかったので ちょっとげんなり;
ここだけの話、予告ですばるを見たとき女装した小太郎かと思いました。

次回、一人になってしまった壬晴はどうなるのでしょう。
萬天との関係もこじれたままじゃないといいのに。そして禁術書の行方は。
確実に壬晴が無関心キャラから変わってきているので、見ていて面白くなってきました。
次回は先生とちゃんと会話できればいいなぁと思いつつ、小悪魔を期待してしまう私。

TVアニメーション「隠の王」 オリジナルサウンドトラック 1
スポンサーサイト
[ 2008/07/03 23:57 ] 隠の王 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。