箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

薬師寺涼子の怪奇事件簿 2話

銀座クライムタワー(後編)

「泉田くん、受け止めて」
「私は、あなたを死なせません!」
「よろしい!」

ここ一連の流れが素敵でした。
ただの上司と部下にとどまらない関係、でも名前はつけられない、あやふやだけど確かな関係。
お涼さんと泉田くんに対する印象はそんなかんじです。
いいなぁv
そしてちゃっかり(?)お涼さんの腰を抱いている泉田くん(笑)

前回のイヤミ~なおっさんがツクヨミ会の幹部だと言うことが分かり、お涼さんと泉田くんはおっさんのビルに乗り込みました。
コートを脱ぎ捨ててジャンプし、艶然と微笑むお涼さん・・・
そのまま回し蹴り。
いや、格好よすぎます。

ツクヨミ会の目的は、変若水(おちみず)=不老不死になれる薬?を作ることでした。
ミイラ化する薬は、超成長促進剤、ってことだったらしいです。
それと逆の研究を進めれば変若水が作れるのかしら??

辰巳先生がソッチ側の人だったとは驚きですが、別段思い入れもないのでスルー。
てっきり白髪の和服のお姉さんが何かしたかと思ったんですが、彼女は一体何者なんでしょう。
しかし辰巳先生の最後は皮肉でした。
自分で作って巨大化させた蛇に食われちゃったんだもの・・・。

辰巳先生とともに大量の薬をも飲み込んでしまって、蛇は際限なく大きくなっていきました。
ビルが破壊されるほど大きくなって、ツクヨミ会の野望も潰えたのでした。
まあ、バベルの塔だったんなら崩れる運命にあるわけです。

後処理を任される室町さんが哀れです。
どうやって辻褄を合わせたかの説明も知りたい気がします。
ところで、室町さんの部下くん、やけに使えないと思ってたので、ツクヨミ会側の人間じゃないかと疑ってたんですが、そんなことありませんでした。
ということは、本気で無能・・・・ってこと、ですか?
ますます室町さんが哀れですw

最後に、泉田くんが「ドラよけお涼」の説明をしてくれました。
ドラキュラも避けて通る薬師寺涼子、だそうです。
で、お涼さんの実家の会社の人が、「お嬢さまにピッタリだ」って言いましたが、
そこは同意するところなんですか・・・?ぴったりって、そんな・・・。

お涼さんが自社株のおかげで、年間3億円の配当をもらってる、との説明をした時の泉田くんが笑えました。
「うらやましいを通り越して、すごく うらやましい
泉田くん、天然?(笑)

薬師寺涼子の怪奇事件簿 (1) 魔天楼 お涼さんの美脚はしかと目に焼き付けましたよ!
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

薬師寺涼子の怪奇事件簿 第2話
FILE 02 「銀座クライムタワー(後編)」突如として人がミイラになってしまう事件。成長促進剤。薬のせいでした。成長を促進しすぎ...
[2008/07/20 00:19] ワタクシノウラガワR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。