箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

マクロスFRONTIER 15話

ロスト・ピース

とりあえず、ミハエル生きてました。
クランのお見舞いに戸惑ってるのが可愛いわ。
これで心おきなく三角関係に注目できます。

その前に、グレイスによってこれまでの出来事の裏が明かされました。
グレイスはとある計画のための駒、というか直接実行する係のようでした。
そしてシェリルはやはり、「作り上げられた歌姫」だったようです。
シェリルのフロンティアへのコンサートも計画の一環で、バジュラはグレイスが連れてきたとのこと。

そして、ランカという「リトル・クイーン」が発見されたことから、シェリル=フェアリー9は廃棄されてしまうそうな。
血をすり替えていたのはシェリルの入院を長引かせるためなのか、それとも血を調べられると不都合なことがあるからか。
たとえば、シェリルは生身の人間じゃない、とか。
それは本当勘弁してほしいんですけどー;

さて、ついに三角関係が表面化しました。
「アルトとの絆」を見せ付けあうランカとシェリル。
最後は歌姫らしく歌でアルトを魅了しようとします。
交互に迫られてタジタジのアルトが一番可愛く見えました。あら?

私はシェリル派なんだなーと思った今回。
検査着で恥ずかしがるランカより、アルトが来たと聞いて髪を整えるシェリルの方が恋する乙女に見えました。
そうやって気合入れてるのに何食わぬ顔で迎えるのがいいねっ!
しかし、vsランカの歌合戦は、シェリルが咳き込むことで終了してしまいました。
咳き込んだり発熱したりするのは、生身だから・・・と信じたいです。

ランカは本格的にグレイスの計画に取り込まれていきます。
政府から呼び出され、ランカの歌がバジュラに有効であると告げられました。
マネージャーはグレイス、ボディーガードはブレラです。
黒いよグレイス。

アルトもSMSオーナーのビルラーに呼び出されました。
オズマ兄ちゃんは何やら警戒してましたが、一体どんな人物なんでしょう。
ゼントラーディでした。
とりあえず あの部屋で遊びたい(ん?

グレイスは何人かの思念体によって動かされているようでした。
その思念体に別に本体があるのか分かりませんが・・・。
彼らの目的、理想とは、肉体と精神の乖離なのかもしれません。
肉体が取替えのきくパーツにすぎないなら、老いも死もなくなります。
不老不死、は人類の夢といってもよいかなーと思うんですが・・・どうだろう。
バジュラがどう関係するのか分かんないしダメかな。

DX超合金 マクロスF(フロンティア) VF-25Fメサイア(アルト機) ←こういうのって たまに欲しくなります。
スポンサーサイト

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : マクロスF(フロンティア)

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。