箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

コードギアス反逆のルルーシュR2 25話

Re;

ゼロレクイエムとは、全ての憎しみをルルーシュに集め、「ゼロ」に討たせることでした。
そのために、最愛のナナリーにも憎まれなければなりません。

とうとう再会を果たしたルルとナナリー。
しかし、真実から目を逸らさないためにナナリーは目を開けたのに、ルルの行動の本当の理由も目的も聞いてくれませんでした。
これはかなり残念。
ルルの真実を見極められず、最後まで信じ切れなかったことが、きっとナナリーの罪。

ナナリーは世界の明日のために、ダモクレスに憎しみを集めようとしました。
やろうとしていたことは同じだったんですね。
決してフレイヤを肯定したわけではなく、恐らくルルを殺した後 自分も死ぬつもりだったんじゃないでしょうか。

ナナリーについて思ったことを少し。
ナナリーが望んでいたのは、ルルと一緒に優しい世界で暮らすこと、だったと思います。
それが、ゼロ=ルルーシュという事実とギアスを使って人の意志を捻じ曲げて目的を達成していたという憶測で歪んでしまったんじゃないかな。。。
優しい世界を望むナナリーはゼロを止めたいと考えるも、「ルルと一緒に」ということはどうしても譲れない願いで。
今までルルのナナリーへの愛ばかりがクローズアップされてきましたが、ナナリーにとってもルルは世界に反逆しても守りたい人だったんじゃないかしら。

で、「ルルと一緒に」生きるか死ぬかの二択になってしまったのでは。
間違いを認めればやり直せる、というのがナナリーのスタンスでした。
だから、ルルが歩み寄ろうとしてくれれば、これからも一緒に生きていくことはできたんだと思います。
それが例え世界が納得しなくても。
けれど、ルルはナナリーのことを思いっきり否定しました。
もちろんそれは本心じゃなかったんですが、そこを捉えきれなかったナナリーの中で、一緒に生きるという可能性は消えてしまったんでしょう。
だったら一緒に死ぬしかない、と思いつめたのかなぁ、なんて。

一方、ルルはナナリーが自立したことを感じたと思います。
意志の力でギアスを破り、自分なりの未来へのビジョンを持ち、実行しようとしている。
そんな彼女だからこそ、兄として世界の明日を残すためにギアスを使ったのでしょうね。
なんとなく、決して侵してはならないナナリーにギアスを使うのは、ルルにとって一番の罪のような気がします。
だから、予定通りだとしても、なおさら最後に死ななければいけなかった、と。
でも、それをやってしまえた覚悟の深さが悲しいです。

スザクVSカレンの戦闘はいつ見ても燃えます。
やはり実力が拮抗している戦闘の方が見てて面白いです。
ランドスピナーでの移動がかなり好きです。
カレンは思考が空回りつつも相打ちに持ち込みました。あれは相打ちよね?
ランスロットは爆発、スザクは死亡?と思わせた演出でしたが、実際「枢木スザク」としての彼はあの場で死んだようなものでした。

ダモクレスの鍵を手に入れたルルーシュ皇帝は、フレイヤを一発撃ち、世界にむけて自分に従え、という演説(?)を行いました。
そしてルルーシュ皇帝の独裁が始まります。
で、二ヵ月後。
もう驚かないよ(笑)

黒の騎士団幹部やシュナイゼル、ナナリーの処刑の日。
いつかゼロが初めて現れた状況に似ています。
沿道には人が集まり、ニュースからはルルーシュ皇帝を称える報道が聞こえています。
そのニュースの中で、EUが合衆国憲章を批准した、というのがありました。
ルルは自分が死んだ後に優しい世界になるよう下地を作っていたんですね。

人々がルルーシュ皇帝を憎しみをこめて見つめる中、彼に剣を向けるゼロが現れました。
中身はもちろんスザクなので、ナイトメアの射撃もいとも簡単にかわしていきます。
・・・この動き、何度見ても笑えるんですが。

ルルは全ての憎しみを背負い、ゼロとなったスザクに討たれました。
世界の明日のため、人々にギアスをかける=願いを託して。
スザクにも、ゼロとして生きてもらう、と最後の願いを口にします。

ゼロとして生きることが、スザクの罰でした。
世界の敵に立ち向かい、絶望の中でも奇跡を起こして抗い続ける、記号としてのゼロ。
いついかなる時もその仮面をかぶり続けるということは、相当に思い十字架だと思います。
誰とも分かち合えない苦難の道程ですが、スザクはその願いを受け取りました。
全ては優しい世界を実現するために。
ルルとスザク、二人が力をあわせればできないことなんてない。
けれど、胸がとても痛いです。

剣に貫かれたルルは倒れたはずみでナナリーの側に落ちてきました。
ナナリーがルルの手をとると、記憶が流れ込んできたのか、ルルが何を為そうとしていたか理解した模様です。
ここ、かなり不可解なんですけど、実はナナリーもギアス持ちでした、とかなんでしょうか?
ともあれ、最後にルルの真実を知れたこと、ルルに愛していると言えたことが彼女にとって救いだと思います。
そして、最後に真実を知ったことで、ルルの死を背負って 世界の明日のため尽力していかなければいけないことが償いだと感じました。

「ずるいです。私は、お兄さまだけでよかったのに・・・お兄さまがいない明日なんて・・・っ」
ナナリーの慟哭が胸に突き刺さります。
割と涙腺はもろい方なのでボロ泣きでした。
確かに、ルルはずるいと思います。
残されるナナリーの気持ちなんてお構いなしに、一人で目的を達成して満足して死んじゃったんですから。
最初はナナリーの幸せを、今は世界の明日を、と自分の望みを捨て去ってることもひどいです。
だけど、どうしようもなくルルを愛しく思います。


全てが終わって、それぞれの「その後」が描かれました。
カレンはアッシュフォード学園に戻ったようです。
そんな日常のなかで、ふとルルに語りかけます。
全部が全部うまくはいかないけれど、少しずつ世界はいいほうへ向かっている、と。
ルルの全ての面を知っているのはカレンだけですから、カレンに語らせるのは上手いと思いました。

扇さんはいつの間にやら首相に。。。
どう考えても神楽耶の方が才覚が上でしょうに。
これはどうしてもスルーできない、と思ってたんですが、
ま さ か の オ レ ン ジ で吹っ飛びましたww
うん、でもなかなか良い画でした。

最後を締めくくるのはC.C.。
ギアスはずっと、使う人を孤独にする力だと言われてきました。
けれど、「少しだけ違っていたか、なぁ ルルーシュ」と空に向かって呟きます。
その顔に浮かぶのは、やわらかな笑みでした。

ルルは、ギアスを使って優しい世界を作ろうとしました。
結果的に世界の敵を演じることになりましたが、ルルの真実を知る人たちは確かにいて、彼らは胸にルルの存在を刻んで今を生き、また折にふれて思い出しもするでしょう。
ギアスを与えられたことによってこの物語を突き進んだルルは、孤独ではなかったです。
それが、C.C.に残された希望―笑顔なんでしょう。


終盤、毎回めまぐるしいスピードでお話が展開していって、はっきり言って構成ミスというか説明不足感があったことは否めません。
ルルーシュ、スザク、C.C.、ナナリー、と主要人物はともかく、黒の騎士団など かなり不満の残る描き方もありました。
それでも、物語にきちんと決着をつけてくれたことは評価したいです。
何よりルルとナナリーが大好きです。

そんなわけで、スタッフの皆様おつかれさまでした&ありがとうございました。
また、ここまで読んでくださった方も、ありがとうございました。

コードギアス 反逆のルルーシュR2 O.S.T.2 
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

コードギアス~反逆のルルーシュR2~第25話(最終回)「Re;」
最終回というギアスをかけられた気分です。気持ちは多々あふれて止まらないのですが、最後の最後にルルにやられたという感じです。 まさかこういう最期が用意されていたとは!!谷口監督やりよった(><)そんな感じでした。1期からどうまとめるつもりなのかハラハ...
(感想) アニメ 『コードギアス 反逆のルルーシュR2』 第25話 「Re;」 ≪最終回≫
「8年ぶりにお兄様の顔を見ました。それが人殺しの顔なのですね…」ギアスによってナナリーの眼だけでもよくしてやりたいと思うルルーシュ。でも、ナナリーの意思を曲げることは…><ナナリーは2人で暮らせればそれでよかった…{/hiyo_uru/}「すまない…私はこういう生き方
[2008/10/01 00:32] ★一喜一遊★
コードギアス 反逆のルルーシュ R2 TURN 24 25 その他全編感想
今年最大の注目作は何だかんだ言っても注目作でした。正直なところ、"どういう視点で評価すべきか迷う作品"っていうのがホントのとこ...
[2008/10/01 00:35] Mare Foecunditatis
【最終話】コードギアス反逆のルルーシュR2 turn25「Re」【感想】【ゼロレクイエム】
「王の力は人を孤独にする」コードギアス、ついに最終回。ゼロレクイエムは世界統一し、世界の憎悪を向けられたルルーシュに対してゼロ...
[2008/10/01 02:03] 失われた何か
コードギアス 反逆のルルーシュ R2 FINAL TURN (最終回)『Re;』
ゼロレクイエムとはゼロ伝説の復活! ルルーシュからスザクへゼロ伝説は引き継がされ
[2008/10/01 04:18] アニメ-スキ日記
コードギアス反逆ルルーシュR2第25話「Re;」
 ナナリーの手で発射されたフレイヤ。ルルーシュは、戦力を失いながら弾切れに追い込み、ダモクレスの懐に入る作戦を選択した。ただダモクレスには、ブレイズ・ルミナスと呼ばれるシールドがあったので、外部の攻撃を受け付けなかった。一方アヴァロンに残された超合衆国の
コードギアス 反逆のルルーシュ R2 第25話 最終回 『Re;』 感想
 コードギアス  反逆のルルーシュ R2 TURN25 『Re;』    コードギアス 反逆のルルーシュ R2 volume03(2008/10/24)福山潤水島大宙...
[2008/10/01 13:43] 荒野の出来事
反逆R2&成瀬が好投で4連勝
反逆R2はナナリー対からスザクが殺す展開で今回は最終回で世界を支配しスザクに殺されスザクがゼロとして生きると言う結末だったけどもスザク十字架を背負いゼロと言う皮肉な結末は良くてスザク対などバトルも良く最終回としては満足だし壮大な家族の内紛だったが最も
[2008/10/01 15:22] 別館ヒガシ日記
コードギアス 反逆のルルーシュ R2 第25話(最終回)「Re;」
第25話あらすじゼロレクイエム。すべてははルルーシュとスザクの約束の為に。さらばルルーシュ、ゼロ最後の日!?さよならスザク、さらば...
本当に見事なゼロ・レクイエムでありました!! コードギアス反逆のルルーシュR2最終第25話『Re;』
 見終わった感想は、驚愕!!!って感じでした。 でも、結末の予想が外れてくれて本当によかったとホッとしました。 予想してた結末は、す...
(アニメ感想) コードギアス 反逆のルルーシュ R2 第25話 「Re;」
コードギアス 反逆のルルーシュ R2 volume03ゼロレクイエム。すべてははルルーシュとスザクの約束の為に。さらばルルーシュ、ゼロ最後の日!?さよならスザク、さらば戦いの日々そして・・・コードギアス最終回!万感の想いを胸に全力で刮目せよ!
コードギアス反逆のルルーシュR2 25話
FINAL TURN 「Re;」終わりました。泣きました…(/_
[2008/10/02 22:51] ワタクシノウラガワR
コードギアス 反逆のルルーシュR2 TURN FINAL 「Re;」 Part.1
ルルーシュ、愛してる!コードギアス 反逆のルルーシュR2 第25話、最終回の感想です。もうね、何を書いたらいいのやら・・・細かい事は後...
[2008/10/03 04:23] 中濃甘口 Second Dining

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。