箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

狼と香辛料Ⅱ 2話

狼と嵐の前の静寂

ロレンスはホロのために、ヨイツの情報を集めようとする。
年代記作家のディアナから、有力な情報を得ることができた。
一方、祭りを見て回りたいホロは、アマーティに案内してもらう。
翌日、マルクの弟子が血相を変えてロレンスを呼びに来た。


ロレンスは前回の失言を気にしてました。
ホロが去ってしまわないか心配だったようですが、目覚めたホロは驚くほど普通でした。
お祭りに連れて行ってほしいとねだり、いつもの調子でからかってきます。
まあ確かに、ロレンスのうろたえる様を見たら失言も許してしまうかも。
どう頑張ってもホロにはかなわないのだし。
普段どおりのやり取りは、見てるこっちまで安心してしまいました。

とにもかくにも情報収集、ということで、年代記作家の知り合いのバトスさんを紹介してもらいました。
棺おけを縦に、ってどういう意味だろう。
まあデカイおじさんでした。EDで見切れてるw

バトスさんも昔話や伝説に興味がある人でした。
ロレンスは生きた伝説であるホロと旅をしているので、バトスさんの話に共感するものがあった模様。

ずっとずっと昔のお話が、今まで連綿と伝わっている、ってすごく不思議なことみたいです。
私たちが生まれるずっと前にも人は生きていて、遠くの出来事のようでも確実に何かがつながっていて。
今では首を捻りたくなるようなことも、当時生きてた人の生活の中で普通に行われてて。
歴史を知ることはものすごく魅力的なことだと思います。

件の年代記作家は錬金術師が住んでる区画に住んでいるそうです。
錬金術師っていうと一般人にはできないことができそうだけど、実際にはそう奇異なものではないそうな。
しかし、魔法を研究してる人もいる。
そう聞いた時のロレンスのビビりっぷりに、思わず笑ってしまいました。
その後もちょっとビクビクしすぎだよ。
ホロを連れて来なくて良かったかも。からかいのネタにされてしまいそうです。

ディアナさんは妖艶な美女でした。
いろんな昔話が頭の中につまってるっぽい。稗田阿礼みたい。
北の町の昔話に、なんとホロが登場していました。
昔から酒好きだったのね。
ホロの話とディアナさんの話のおかげで、ヨイツの場所が大分しぼれました。
ただ、ヨイツは滅んでしまっているようです。

ロレンスがアマーティにホロの案内を頼んだのは、無料でホロの機嫌をとるためだったそうです。
無料より高いものはないよ?
あっという間に町に、ロレンスとホロが仲違いしたという情報が出回ってました。早。

ロレンスがアマーティを呼ぶときに、「アマーティ・・・・さん」ってちょっと語尾が小さくなるのが何とも言えませんでした。
アマーティを意識するようなら、案内なんか頼まなければよかったのに。
大丈夫と言いつつ、走って宿に帰ってしまうロレンスは、やっぱりホロから見たら可愛くて仕方がないんでしょうね。

ホロは高価な狐の毛皮をアマーティに買ってもらってました。
なんでも身の上を話したら買ってくれたとか。
悪いやつに売られそうになったのをロレンスに助けられ、しかし借金を負いその形に道中の安全を祈っている辛い身の上、だそうです。
「悪いやつに売られそうに」のところはクロエと対峙しているシーンで、言葉にあったシーンが出てくるのかと思いきや、最後の「辛い身の上」はご飯をガツガツ食べてるシーンで吹きました。

二人の仲はすっかり元通りかな?というところで、マルクの弟子がやって来ました。
ロレンスは何かを聞いて、慌てて部屋を飛び出していきましたが、何を聞いたんでしょう。
今度はどんな波乱が待っていることやら。

狼と香辛料II【1】 [Blu-ray]
狼と香辛料II【1】 [Blu-ray] 好みのおじさんはいないけど美女が出てきて嬉しいかぎり。
スポンサーサイト
[ 2009/07/17 22:38 ] 狼と香辛料 | TB(7) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

狼と香辛料? 第2話「狼と嵐の前の静寂」
リュビンハイゲンでの出来事を思い出し、狼の姿で立ち去るホロの姿に、ロレンスは必死に呼び止めていたところで、夢から覚めた。クラフト・ロレンスは北の情報を集める為、マルク・コールに歴史を綴っている年代記作家の事を訊ねました。マルクが紹介したのは、恐れ知らずの
[2009/07/17 23:55] 無限回廊幻想記譚
狼と香辛料? 第二幕 「狼と嵐の前の静寂」
 ロレンスはホロのために動いているのに、妙に隠し立てしているから動きが怪しいですね。前回生じた小さな亀裂がまた少し大きくなったような気がします。
[2009/07/18 00:11] つれづれ
狼と香辛料 II 第2話「狼と嵐の前の静寂」
走るロレンス!一体どうしたのー!?次回がすごく気になるw前回ちょっと気まずくなっちゃった2人だけど、ロレンスはちゃんとホロ...
[2009/07/20 02:14] 空色きゃんでぃ
(アニメ感想) 狼と香辛料II 第2話 「狼と嵐の前の静寂」
狼と香辛料II【1】 [Blu-ray]クチコミを見るロレンスは馴染にしている麦商人のマルクを訪ね、そこで町の年代記作家への伝手を得る。早速、仲介人のバトスに連れられ町の北側へ足を踏み入れるが、そこは忌み嫌われる錬金術師たちが住む区域だった。そして現れた年代記作家は.
狼と香辛料II 2話
第ニ幕 「狼と嵐の前の静寂」ロレンスとホロのほんのちょっとの隙間に、風が吹き込んで来た?ロレンスはホロの故郷ヨイツの事を調べに...
[2009/07/22 17:28] ワタクシノウラガワR
狼と香辛料?第02話 ( 童貞ロレンスファン視点 )
●ロレンス 派遣社員斡旋のロレンス「ホロ、俺は決めたよ」「?」「夢を見たんだ、アマーティーが熱心に俺の弟子になりたいと懇願...
◎狼と香辛料II第二幕「狼と嵐の前の静寂」
ロレンスは、情報集めのために年代記作家を探す。そして、紹介してもらう。今日は、祭りがあるのだが、ロレンスは用事があるためホロ一人で祭りへいことに。ロレンンスは、アマーティーと酒場であい、アマーティーは、ホロを探しにいく。そして、伝説に詳しい人と話す。そ..
[2009/08/11 23:21] ぺろぺろキャンディー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。