箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

SIREN プレイ日記その13

一応最初は自力でプレイするようにしてますが、どうしても無理、とかどうしてもアイテムが見つからない、なんて時はカンニングとばかりにプレイ動画を見たりしています。
攻略ルートを知るだけで難易度がぐっと下がることを実感します。
ノーヒントでクリアした人は偉大です。

それにしてもマニアックスが欲しい。
設定やらインタビューやらが大好きです。
ゲームの攻略本はインタビュー目当てで買ってますw
(マニアックスは攻略本じゃないらしいですけど)
美浜奈保子  初日  合石岳・蛇頭峠  19:27

午前中に志村に会ってから、ずっと一人でさまよってたみたいです。
それは八つ当たりしたくもなります。
地図だと端っこに位置するから、結界みたいなものでもあってグルグルしてたのかしら?
というかこの人も不遇ですよね。一人だし。

終了条件は蛇ノ首谷への道へ到達すること。
しむ爺のスタート地点へ向かえということですが、例のごとく見張りがいます。
とりあえずそいつは無視。ここ強行突破は無理なのかな。

鉱山事務所を徘徊してる屍人がいるので、普通に降りられません。
というわけで第一坑道の出口から飛び降ります。
志村の猟銃免許証が落ちてました。こんな壁際通った記憶ないよ?
ここでぼやっとしてると徘徊に見つかっちゃいますが、トロッコの後ろに隠れとけば安全です。
事務所の入り口が思いのほか近くてひやっとしました。
クリア済みの場所でも、けっこう位置を把握していない私・・・。

ここから第三坑道に行くのですが、何故か第五坑道に向かってしまうこと数回。
おかしい。ちゃんと方向を確認してるはずなのに。
事務所の出口からまっすぐ行くことで解決しましたが、屍人二人がかりで追いかけてこられると逃げられなかったです。
美浜のゲームオーバー時の顔がやけに怖い。白目むいてる・・・

アグレッシブにサイレンを鳴らしてみました。
そうすると鍵と一緒にアイテムも取れて一石二鳥です。
しかし屍人のスルーが恐ろしく下手くそでした。
つかまって首しめられるのをなんとか振りほどいて走り去ります。スマートじゃない。

管理小屋への通路にいる屍人もスルーです。
奥まで走っていけば撒けるという不思議。
第三坑道もだけど、行き止まりなんだから追いかければ見つかるっちゅーに。

管理小屋の中には拳銃が置いてありました。いつの間に。
表の屍人も拳銃持ってればよかったのに。プレイヤーは困るけど。
ああ、鍵がないから入れなかったのか。
ついでに第五坑道の鍵もありました。みんな鍵かけるの好きねぇ。

志村のおかげで屍人がトロッコで一網打尽。
もはや落ちてない鍵をいまだに探してる(すまんw)屍人以外はみんなレールの上にいたので轢かれちゃいました。
ゴールへの道すがら、うずくまってるのが見えますが・・・哀愁ただよう光景でしたw


須田恭也  初日  田掘・廃屋中の間  18:03

廃屋の中で休憩している恭也と美耶子。
美耶子を変だと思ってるよ、と恭也は正直もの。正直すぎる気もするw
そんな恭也に美耶子がデレてくれました。
女の子にしては粗い口調も可愛い。とにかく美耶子かわいい。

会話を断ち切って寝る、と言う美耶子に恭也はよく寝れるよな、と言いますが。
君のほうが先に寝るではないか。どんだけ肝太いんだよ。
・・・と思ってたけど、美耶子のアップになる時の「ぐぉー・・・」って効果音、もしかして恭也のいびきじゃ な い ・ ・ ?
いや、いくら何でも早すぎるだろーと突っ込んでたんですが。


ひとまずここで周回終了。
次回は多聞の出番です。屍人が進化してしまった。
スポンサーサイト
[ 2009/07/18 23:01 ] ゲーム感想 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。