箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

宙のまにまに 3話

プラネタリウム

毎晩のように美星に連れまわされ、またそのことで誤解され、朔は疲れてしまった。
しかし、美星の気持ちに思い至り、あらためて美星を受け入れる。
雨続きで、天文部はまともな活動ができない。
そこで、朔の提案でプラネタリウムへ行くことにする。


入学して2ヶ月もたつと、クラスの中の立ち位置が決まってきます。
朔は地味で穏やかな生活を望んでいますが、美星がそばにいる限り無理なようでw
数々の爆弾発言のせいで、朔は悪目立ち。
年上の彼女とイチャイチャしまくり、というイメージになってしまいました。
美星は何も考えずに言ってるんでしょうけど、あんなに誤解される発言ばかり残していくのは狙っても難しそうなのに(笑)

美星って年上の女性としての魅力は皆無な気がしますが。
今回デフォルメ多かったし。年下の彼女です、でもいけそう。
星の話をするときは大人びて・・・年相応?に見えるのに。
はっ、これがギャップ萌え!?でも美星には萌えない!(ぇ

私の性格は朔に近いので、ペースを乱されてしんどくなるのがよく分かります。
部活をさぼって図書館に行くと、フーミンに出会いました。
美星に義理立てして天文部にいる必要はない、と言われましたが、空をみて感動する自分を発見した、と言います。
また、美星が朔を連れまわすのは感動を共有したいからだと気づきました。
美星の気持ちも分かります。素敵なものは共有したい。
もう少し行動に自制がきけばいいんだけどね。

雨のせいで星が見えない夜が続いたある日。
美星がダイイングメッセージを残して倒れていた!
さらに布団の中の部長の顔色が屍人のようだった!
天文部でいったい何が!!
直後のぶどうジュースも何やらヤバい液体に見えてしまったw

雨でも活動できるよう、なにか考えた方がいいと思います。
とりあえず今回はみんなでプラネタリウムへ行きました。
解説員のお姉さんも部長も、好きなもののことを話すと生き生きしていていいですね。

星座の映像と静かな音楽だけのシーン、なんだか私もプラネタリウムにいるようでした。
プラネタリウムは小さな宇宙。
本物の星の光じゃないけれど、本物とおなじように宇宙に思いを馳せられます。
あぁ、猛烈にプラネタリウムに行きたい。もう何年行ってないだろう。

梅雨が終われば夏休み。
次回はみんなで合宿です。
江戸川も来るのかしら。いて座がもへっとしてて悪かったなw

Super Noisy Nova(初回生産限定盤)(DVD付)
Super Noisy Nova(初回生産限定盤)(DVD付) 3ドリフって。ひどいw
スポンサーサイト
[ 2009/07/23 23:52 ] 宙のまにまに | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。