箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

大正野球娘。 5話

花や蝶やと駆ける日々

九人目が見つかるまでは、基礎練習のみとなった。
ランニングのあまりの厳しさに、小梅たちは急いで九人目を探すことにする。
足が速いことから陸上部の胡蝶が候補にあがる。
小梅たちやアンナの言葉によって、晴れて仲間になってくれた。
だが、基礎体力が足りないためランニングは続行となったのだった。


やけに優雅なサブタイですが、まっっったくそうじゃなかったですw

雪が体操着(?)を持ってきてくれました。
帽子がなんか給食当番を彷彿とさせますが、なかなか可愛いかな。
何よりお揃いのユニフォームってやる気が出ます。
しかし巴、結構アレレな人ですね~
静がいないとどうなってしまうのか。前回静が渋々でも覚悟を決めてくれた理由がよく分かります。
ああいうお姉さまでいいんでしょうか、鏡子は。恋は盲目ってやつ?

基礎練習は体力づくり。
そんなわけで地獄のランニングが始まりました。
一体どれくらいの距離を走ったのでしょう。
小梅が先頭グループに入れるほどだったのにはびっくりしましたが、そういえば学校に行くのにも走ってますしね。
対する晶子は車だから体力がまるでありませんでした。周回遅れってw
ピッチャーは持久力いりますよね?頑張って。

翌朝学校へ行くと、体力のない面々が机に突っ伏してました。
雪まで突っ伏してたのは意外でした。環は平気そうなのに。
このままでは死んでしまう、と練習をさぼって九人目を探しにいきます。
戦略的な視点から足の速い人を探すことになり、陸上部でスタートダッシュに優れた胡蝶を発見。
しかし伸び悩んでいたところを、「走る才能がある」と言われてかえってカチンときてしまったみたいでした。
勧誘は残念ながら失敗し、アンナ先生に捕獲されてしまいましたとさ。

足が速くなるために人力車を引く練習を提案。ってそれはどうだろう。
しかもどこから調達してきたの・・・?
にしても、人を二人のせて全力疾走できる巴と環はかなりすごいです。
14歳の女の子とは思えません。

胡蝶のスタートダッシュは野球向き、と再度勧誘に向かいます。
25メートル強の塁間を走るのに、胡蝶の足は強力な武器になると。
「あなたが必要」と言われて心が揺れていましたが、決心がつきません。
後押ししたのはアンナ先生でした。
「一つのドアが閉じると、他のドアが開く」、そしてそのドアを通るかは自分次第、と。
ベル博士もいい言葉を残してるし、それをアドバイスとして与えてくれるアンナ先生も素敵。

てっきり掛け持ちと思ってたら、陸上部をやめて桜花會へ来てくれました。
一番バッターかな?
九人揃ったので本格的な練習がスタート!
・・・のはずでしたが、残念。コミカルな締め方がうまいですねw

次回はついに、小梅の両親に野球をやってることがばれちゃうんでしょうか。
そしてお見合いが待っているのかしら?
アンナ先生は長崎に行っちゃうらしいし、どうなる桜花會。

大正野球娘。―土と埃にまみれます (トクマ・ノベルズEdge)
大正野球娘。―土と埃にまみれます (トクマ・ノベルズEdge) 人力車屋のおじさんの名前が司郎五郎だったことに驚き。 
スポンサーサイト
[ 2009/08/03 00:43 ] 大正野球娘。 | TB(4) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

(アニメ感想) 大正野球娘。 第5話 「花や蝶やと駆ける日々」
大正野球娘。 第1巻(初回限定生産) [Blu-ray]クチコミを見る呉服屋の娘・宗谷雪が、自宅の蔵の中で眠っていた運動着を持ってきた。早速みんなで着込んでさあ練習!ところが、記子が抜けて8人となったため、アンナは当分人数が揃うまで、野球の練習よりも本格的な基礎トレー.
大正野球娘。 第5話「花や蝶やと駆ける日々」
基礎練は大事だよ~!ランニングでへばってちゃ、とても9回まで試合なんて出来ません。どの運動部でもまずは基本の基礎体力作り。ランニングの順位に見る現在の体力は…小梅、巴、環…小梅は巴とたまちゃんとタメ張れる体力があるんですね。小梅なにげに先頭走っ
[2009/08/03 20:46] のらりんクロッキー
大正野球娘。 第5話花や蝶やと駆ける日々
 記子が脱退してからも、練習に励む小梅ちゃんたち。でも、試合に出られるにはどうしても必要だとメンバー探しに再び取りかかる!? 小梅ち...
本格的な野球娘誕生\(^o\)(/o^)/ユニフォームは地味すぎるけど、アンナ先生が着ると文句なんてありません☆彡 大正野球娘。第5話『花や蝶やと駆ける日々』
 意外にも呉服屋の娘であった雪は、呉服だけでは太刀打ちできないって事で彼女の父親は洋服を作ってみたものの、やはり時代を先行しすぎた...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。