箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

SIREN プレイ日記その26

今までプレイしてきましたが、屍人は「ふってわいてきた存在」みたいなものでした。
宮田さんやまきのんにしてみれば見覚えのある人達かもしれませんが、プレイヤーにとっては特に区別もつけられない有象無象でしかないわけで。
「少しずつ生存者が減っていく恐怖」ってのは、正直あまり感じてませんでした。
見つかれば殺されるかもしれない恐怖ってのはあったけど。

それが今回は、ねぇ・・・・。
こんなに衝撃を受けるものだとは、自分でも思ってませんでした。

竹内多聞  第2日  蛇ノ首谷・戻り橋  10:29

多聞が羽生蛇村出身であることを依子にカミングアウト。
珍しく多聞がやさしくて、なんだかいい雰囲気なんですが、依子が突如撃たれてしまいました。
せっかくのデレを台無しにしよって。誰ですか撃ったのは。

で、終了条件は狙撃手を倒すこと。
橋に戻ってくると遭遇する羽根がかなりウザイです。
もう本当に嫌いなんだよ羽根・・・!
ただ硬直時間が結構長めっぽいので、それだけが救いです。

まずは指示通り、吊り橋を通行不可にします。
方法が分からないままに吊り橋へいくと、親切なことにガソリンが置いてありました。
宮田先生に感謝です。
火をつける道具ないよなーと思いながら△ボタンを押すと、「火をつける」のコマンドが。
拳銃で撃って燃やしちゃいましたとさ。おお。
選鉱所にいるワンコには遭遇しませんでしたが、いる意味はあったのかしら?(ひどい

無事な方の橋を渡るには、待ち構えている狙撃手をどかさないといけません。
電話ボックスを向いている隙に銃弾をぶち込みます。
ああ、なんだか見覚えのあるシルエット・・・(涙)
銃の音につられたのか、羽根がやってきてしまいました。
てっきりさっき倒したのが復活したのかと思って見当違いの方向を向いてたらあっさりやられましたよ。
もう本当に嫌いなんだよ羽根・・・!(大事なことなので二回言いました)

蛇ノ首谷には宮田さんの車が放置してありますが、様子を見に行くと全焼してましたww
どうやら高級車らしいのですが、見るも無残な姿です。
宮田さん的には、後で取りに来る予定とかあったんでしょうか。
理沙の病院シナリオで土砂崩れの心配してたから、もしかして?残念ww

さて、いよいよ狙撃手を倒すときがやってきました。
廃材前に陣取ってて、割としっかり周りを見張ってるので前から行くか後ろから行くか悩みます。
結局前から行ったけど、どっちでも変わらなかったかな?
何発か撃ちこむとなのか、近くまで行くとなのか分かりませんが、狙撃手は多聞を攻撃しなくなります。
目を逸らそうとしてるのがすごく辛い。

狙撃手の正体は志村。
猟銃が恋しかったシナリオのプレイヤーの分身であった志村。しむ爺ですよ。
もはや屍人と化してて、倒さないとクリアにならないんですが、攻撃するのが物凄くしんどかったです。精神的に。
このステージの狙撃手が志村だってことは事前に知ってたんですけどね。
知ってたってショックが消えるわけじゃないんですね。
私、自分で思ってるより志村のこと好きだったのかも。
失恋後のセリフかよ、と思いましたが、本当にそんなかんじ。うわぁ。

志村を倒すと、多聞に「竹内か・・・」か「竹内君・・・」と呼びかけます。
どっちか分からん。
知り合いだから撃てなかったんですね。志村・・・!依子は災難でしたが。


安野依子  第2日  蛇ノ首谷・眞魚川岸辺  11:12

何 故 じ っ と し て い な い 。
すぐに戻るって多聞が言っていたじゃない。
依子が力尽きて倒れたそばに、恭也もやってきて倒れました。
さらにそこへやってくる宮田さん。
思わぬ面子の集合に驚く、よりも宮田さんの車が気になってしょうがないw
宮田医院からこの場所へ来るには、車の前を通るってこと。
つまり、哀れな状態になってた車を目の当たりにしてるってこと。
宮田さんの心中や如何に(笑)


次回は恭也の刈割リターン。
私にとっての鬼門が帰ってきてしまいます。
スポンサーサイト
[ 2009/08/03 22:24 ] ゲーム感想 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。