箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

大正野球娘。 6話

球は広野を飛び回る

実戦に勝る練習なし、ということで片っ端から練習試合を申しこむ桜花會。
しかし、全て断られてしまい、小学生と試合をすることになった。
結果は惨敗だったが、そこから問題点を洗い出すことができた。
また、バッテリーは夫婦のようなものとして、小梅と晶子に夫婦の信頼関係を築かせようとする。
少しずつ様になってきたところに、小梅に本当の夫婦の話が舞い込む。


ランニング効果で基礎体力が大分ついた模様。
ようやく本格的な練習が始まると思いきや、アンナ先生が長崎へ行ってしまいました。
試合してください、って丸投げじゃないですかw
というかランニングからいきなり試合ってのは一足飛びすぎる気がします。

近所の小学生に、練習場所を提供する代わりに試合してもらうことになりました。
もっと人数がいれば紅白試合なんかもできるんですけどねー。
小学生なんか相手にならない、と晶子が言いますが、小梅はそれは桜花會の試合申し込みを断った人たちとなんら変わらない、と返しました。
女だから、とかそういう外側の要素だけで決め付けてほしくないなら、自分も同様に決め付けるようなことをしていてはいけません。
にしても、今回の晶子はやけに余裕がなかったような。
試合中もアドバイスを受け入れてなかったし。

問題点を見つけて改善していく、というのは段々うまくなっていく様子がうかがえて楽しい。
声かけの重要性とか、そうだよなーと思います。バレーなんかでも同様のことが起こりうるw
胡蝶を左打席に立たせるってのは面白い発想ですね。
流して打てば三塁方向に飛ぶから、よりセーフになりやすいし?胡蝶、器用だね。

小梅と晶子には夫婦の信頼関係が足りないので、新婚生活を送ることになりました。
なんとゆう提案(笑)
小梅と三郎の息ぴったりな様子を見て、何かを感じたようです。
相手を信じて委ねる、相手に合わせて動く、ということを学びました。

そんなわけで次の試合では、小梅がミットを構えたところに投げる形になりました。
終盤、疲れてきても、小梅のアドバイスを快く受け入れ、よい夫婦になってます。
最初はぼろぼろだったのに、いい勝負になってきたじゃないですか!
ただちょっと、いきなり上達しすぎな気もしますけどね;
晶子の制球力や、小梅が弱点を見抜いてミットを構えられるところなんかは。

さて、めでたく晶子と夫婦になった小梅に、三郎との結婚の話がされました。
前回の予告でやけに可愛く頬をそめてると思ったら、これだったんですね。
三郎に「すず川」を継がせる気なら、それが妥当ですし、何より息ぴったりだし。
晶子のオムライスを作ったとき、最後に二人一緒に微笑んじゃって、本当の夫婦みたいでしたもの。
意識しすぎてギクシャクしてしまう二人にニヤニヤが抑えられません。
小梅が野球をやってると分かったときに、三郎はどんな反応をするんでしょう。

晶子と小梅の結婚(?)は、巴にとっては大打撃でしたw
何かを思いついたようですが・・・
次回、巴の辻打ちの巻き。
小梅を巻き込んで、愛人の座を狙うつもり?そして夫婦の絆に亀裂が!?(笑)

帝都たこ焼き娘。―大正野球娘。〈3〉 (トクマ・ノベルズEdge)
帝都たこ焼き娘。―大正野球娘。〈3〉 (トクマ・ノベルズEdge) た、たこ焼き・・・?
スポンサーサイト
[ 2009/08/08 19:50 ] 大正野球娘。 | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

次の相手は小学生男児の野球部員!バッテリーが正常に機能するのは一夜にあらずですよ☆彡 大正野球娘。第6話『球は広野を飛び回る』
 基礎トレをし続けてからしばらくが経過!  今まで基礎トレばかり続けてきた『櫻花會』だけど、アンナ先生からようやく打撃練習などの本格...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。