箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

CANAAN 6話

LOVE&PIECE

リャン・チー大暴れの巻。

みのさんは消えた村のことを記事にしようとしてますが、確かにうさんくさいw
紙面だけで見てしまうと、何この眉唾、になっちゃいますね。
最終的には発表できると思うんですが、何が証拠にできるかしら。
ただ、UAウイルスに注目が集まりそうなので絶好の機会とも言えそうです。

マリアとみのさんが、国際会議で記者として招かれました。
みのさんはハッコーに取材に行くため、マリアが一人で向かいます。
村の調査を優先したことに安心しました。
が、あからさまに罠です。
みのさんも一緒に行ってたら、確実に殺されてたよなぁw

今までハッコーが喋らなかったのは、声に能力があったからでした。
超音波?けっこうな破壊力があるようです。
今更だけど、ハッコーは完全に蛇と関係を絶った、と見ていいかな?
サンタナとハッコーが今後どう関わってくるかが楽しみです。

アルファルドは、元はカナンと呼ばれる存在でした。
誰かに依頼されて、シャムが教育をしていたみたい。
それがどうして、第二(?)のカナンが生まれてしまったのでしょう。
アルファルドが現在、シャムにどういう感情を抱いているかも気になります。
個人の欲望をもってなお、自分であり続けるという言葉の意味は?

その言葉に関係があるのかないのか、国際会議で蛇がテロを起こしました。
たぶんUAウイルスを空気感染させて、各国の首脳を人質にとったんですよね。
一体何を要求するんだろう。

姉さま大好きなリャン・チーは、思いっきりマリアを殺す気でしたが、アルファルドに止められました。
カナンの存在で変わってしまった姉さまが元に戻ってくれることを望んでいるのかしら。
そのために邪魔なカナンを排除したい、と思うのだが。
マリアを殺そうとしたのは・・・腹いせ?(笑)←笑い事にならない
ひとまずは復讐を抑えたけれど、次回また暴走するっぽいです。どうなることやら。
ところでちっちゃいリャン・チーは、カミングズの力作でしょうかww

マリアの役目は生きること。
自分と向き合うのは、多分2年前の記憶を思い出してからでしょう。
アルファルドと会ったことで、次回あたり思い出したりしないかなー。
カナンに助けに来なくていい、と言ったけど、いざ助けに来たカナンにどんな答えを出すでしょうか。
そして、カナンはどんな選択をするでしょうか。

次回は派手~に戦闘かな。
カナンの顔がやけに険しいのがちょっと不安。

My heaven
My heaven 
アルファルドの前でスカート(?)の裾を気にするリャン・チーがちょっと可愛かったかも
スポンサーサイト
[ 2009/08/13 23:43 ] CANAAN | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。