箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

大正野球娘。 7話

麻布八景娘戯

巴と小梅は、辻打ちと称して野球部の投手と勝負していた。
また晶子も、魔球の習得を言い渡され辻投げに挑む。
桜花会みんなを巻き込んで泥棒を捕まえ、それきり辻打ちと辻投げは取り止めとなった。
フォークを習得したかに見えた晶子だが、そう簡単にはいきませんでした。


近隣の野球部の投手に勝負を挑み、連戦連勝の謎の辻打ち。
その正体は女子だと言われているが・・・。
って、この時点で桜花会の誰かってばれそうです。
野球をする女子はそんなにいないはずだし。片っ端から試合を申し込んだから女子の野球チームがあることは知られてるし。
にしても、きちんと勝負してくれるなんて、皆いい人です。
巴の打撃力が男子に通用することが分かったのは大きいかな。

さて、試合に勝つためには、投手はストレートばかり投げていてはいけません。
そんなわけで魔球=変化球を覚えることになりました。
さすがに消える魔球とかじゃなかった。当然だよ!w
やー、アンナ先生なら、ごく普通の調子で覚えてくださいネ、とか言いそうで。
そして今回も丸投げです。先生、ちゃんと指導してw

記子さんは新聞部という肩書きを生かして、朝香中にスパイ(?)に行ってくれました。
が、折角の記事に乃枝がダメ出し。
ねぇ、なんでこんなに記子さんって立場が弱いの?w
でも朝香中の人が見せてくれたスコアブックのおかげで名誉は守られました。良かった良かった。
このスコアブックがどう生きるか楽しみです。

晶子と静が最近の小梅と巴の行動を怪しんで、ついに浮気(?)がバレてしまいました。
今度は本妻に付き合うことに。小梅、苦労性。
しかし静は巴と同室なんだから、もうちょっと早く気づいても良さそうなのにね。

辻投げって、なんかイマイチ締まらないw
相手の所にちまちま走ってく小梅が可愛かったです。
晶子の球は思いっきりストレートでした。
でもってパッカーンと打たれちゃいました。ああ。

はからずも大捕り物に発展してしまった辻打ち&投げ。
一年生コンビに引き続き、雪たちも出てきた時は思わず笑ってしまいました。
胡蝶の足や巴の打撃、晶子の投球が組み合わさって捕まえたのは見事でした。

しかしなんでこの状況でバットを忘れちゃうかな~
野球部員にとってのバットは、武士にとっての刀のようなものじゃないの?
武士にとって刀といったら命にも等しいものだよね。なんたること。
しかも名前入りだったので、辻打ちをしてたことがばれてしまいました。
本来なら退学ものですが、泥棒を捕まえたことで不問に。
桜花会も潰れなくて良かったですよ。

アンナ先生は魔球を、実戦の中で覚えて、と言ってました。
泥棒を捕まえる際、投げた球が偶然軌道を変えました。
まさに実戦での習得でしたね。意味違うけどw
自信満々で晶子は披露しようとしますが…やっぱり会得できてませんでしたとさ。
「やっぱり」がついちゃいますねw
誰かまともに指導てきる人はいないんでしょうか~。

大正野球娘。 浪漫ちっくラジオDJCD
大正野球娘。 浪漫ちっくラジオDJCD 三郎が影も形も出てこなかったw
スポンサーサイト
[ 2009/08/20 23:54 ] 大正野球娘。 | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

辻斬りならぬ辻打ち出現!乙女の大暴走が始まっちゃいました(≧▽≦) 大正野球娘。第7話『麻布八景娘戯(あざぶばっけいむすめのたわむれ)』
 今宵の虎徹は血に飢えている…。  突然、練習が終わって帰宅する男子野球部員に辻斬りならぬ辻打ちをする謎の二人組。  その話題でもち...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。