箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

宙のまにまに 9話

高校天文ネットワーク

秋期観測会に誘われ、蒼栄高校天文部は野木城高校へやってきた。
今回のテーマは、夜空の明るさ観測。
自由観測や神話の解説、野木城高校の望遠鏡で月を見たりと、充実した観測会になった。


今回は新しい登場人物がやたら多かったですが、とりあえずあゆみさんともちもち子を覚えとけばいいと思いました。
あゆみさんはきっとまた出てくるだろうけど、もちもち子も是非!出てきてほしいですw
マフラーが猫で可愛いよもち子。

初めて校外の人と一緒に星を見るので、美星はいつもにましてハイテンション。
まだ見ぬ星猛者に心を躍らせ、同志を目にしてからは暴走一秒前状態です。
小夜に書かれた注意を見て、辛うじて暴走を制御する美星w
さすが小夜、美星マスター!

エリア法というのを用いて、夜空の明るさを観測します。
決まったエリア内で見える一番暗い星がどの等級か調べることで分かるそうです。
光害の影響も知ることができるとか。
天文って、ただ星を見るだけじゃないんですねぇ。
ラジオで天気図を描く部長のアナログさにも驚きましたが、そういうこともするんだ。

神話の解説は部長の担当です。
部長のちゃんとした顔、初めて見た気がしますw
星の名前が神話から名づけられてるのはこれまでも出てきましたが、きちんと物語として成立するよう配置されてるとは知りませんでした。
それを「絵巻物みたい」と言わせるのが素晴らしかったです。

漠然とした印象のところに、よく分かる具体的な例をもってきて、魅力をさらに引き立ててるというか。
夏合宿の回もそうでしたが、視覚的なイメージを伝えるのがすごくうまいと思います。
ただの光の集まりが星として、神話の登場人物として、舞台として、物語として、と段々見えてくるのがとても面白いです。
これまで大して星には興味なかったのに、夜空には常に物語が存在すると考えると、なんだかすごくドキドキします。

野木城高校には、20センチ屈折望遠鏡がありました。
レンズを組み合わせた望遠鏡で、高い倍率にしても視野が狭くならないとか。
一口に望遠鏡って言ってもいろいろあるんですねぇ。

あゆみさんは、せっかく機材があるんだから、天文部員じゃなくても星をみてほしいと思い、合宿や観測会に部員以外の参加を認めていました。
それが、自分に星の見方を教えてくれた人への恩返しなのだと。
いつか美星が、天文部を作りたいのは、自分たち以外にも星を見てほしいからだと言ってました。
思いは、一緒。

で、あゆみさんに星の見方を教えた人は、なんと部長でした。
挨拶のとき、「初めまして?ほんとーに、初めまして?」と突っ込んでたのはこのせいだったんですね。
前回ビデオレターを送ってきたのは部長に思い出してもらうためでしたか。残念w
でも、昔の出会いが巡り巡って、こうして再び星の観測をともにできるなんてちょっとロマンチック。
あゆみさんはゲストなのが勿体無いです。制服かわいいし。
「私たちの瞳が、宇宙へ届いた」は今回のお気に入りのセリフでした。

おまけの今回の姫。
他校の男子に口説かれていました。
武佐は普通にイケメンというよか、キモカッコイイと言うべきでしょうか。中の人的にw
震えながら朔のシャツを握る姿が非常に可愛かった・・・武佐グッジョブ!(ぇ
さりげなく朔がジャケットをかけてあげるのもいいよね。
でも別に進展というわけでもないのが残念です。
朔はこういうことナチュラルにしちゃう子だもんなぁ。だから姫は好きになったんだけど。

宙のまにまに Vol.3 (初回限定版) [DVD]
宙のまにまに Vol.3 (初回限定版) [DVD] 姫の水着がよく見えないよ!?
スポンサーサイト
[ 2009/09/04 23:58 ] 宙のまにまに | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。