箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

狼と香辛料Ⅱ 11話

狼と別れの決意

ホロには銀貨2000枚の価値がつけられた。
全額現金で支払ってもらえることになり、あとは成功を待つばかりだ。
そんななか、ホロがロレンスに別れを切り出す。
リゴロの家へ本を返しに行っていると、エーブが来て、武装蜂起が起こったと告げる。


ホロが怖がっていたものが分かりました。
ロレンスとの楽しい時間を失うこと、過去の楽しい記憶をも失ってしまうこと。
一緒にいると楽しい、けれど慣れると飽きがくるため、そうならないよう刺激を求める。
やがては求めても満たされず、過去は風化してしまうだろう、と。

出会いは金で買えるが、その良し悪しまでは決められない、だっけ?エーブの言葉が印象的でした。
かつて商人に金で買われたという彼女がうらやましいと漏らしてしまうホロとロレンスの関係。
ホロは、ロレンスとの出会いを良いものにしたいと考え、それにはここで別れるのがいいと言います。
確かに、ひどい別れ方をしたら相手のことを思い出すのも嫌になるかもしれません。
そうじゃなくても、出会った頃は楽しかったのに、と辛く苦々しい気持ちになるかもしれません。
たとえ想像でも、ホロとロレンスがそうなってしまうなんて考えたくないですが・・・。
関係ないけど花嫁衣裳(?)のエーブが綺麗でしたv

ロレンスの優しさは楽しさを加速させてしまう。だから怖いのだそうです。
ホロが言いたいことは分かるけど、必ずしも関係が破綻するって決まってるわけじゃないし、連れ添って50年、でも仲がいいよ、みたいな夫婦だっているじゃないですか。
今ここで別れることを決めるのは早いと思っちゃいます。
で、なんでロレンスは納得しちゃうかなぁ、もう!

ただ、ホロとロレンスは時間の流れが違うため、人同士のようにともに人生を歩いていこう、とはなりません。
もしかしたら、ホロは前にもロレンスみたいな人がいて、ずっと楽しく幸せにいられると信じていたのに、辛い別れを経験したのかもしれませんね・・・。
別れを切り出されたあとの、いつも通りに見える会話でも、ホロの耳は下がりっぱなしでした。

さて、リゴロ宅で石像を見ていたロレンスは、その石像が塩で作られていることに気づきました。
あれは多分塩だって気づいたんですよね?
ということはどういうことなんだろう。

いつまでも見たいと思ってるうちが一番楽しいのかも、というメルタの言葉。
リゴロのことですが、そのまんまロレンスにも重なります。
そして今から3期を期待してしまう私にもw
実際のところ、「いつまでも見れるという状況」になってみるまでどうなるか分かんないかな。
だから幸せであり続けられるかも、と思っていたいです。
でもって原作は続いてるから二人は別れないよね!(そんな根拠持ち出すなよw)

エーブが武装蜂起が起きたことを知らせに来ました。
50人会議の結果に対して不満が爆発ってことかしら。
儲け話は無事に成功するんでしょうか。まだエーブには裏があるみたいだし。
次回、どうしてホロは泣いちゃうのか激しく気になります。

狼と香辛料II【2】 [DVD]
狼と香辛料II【2】 [DVD] あっという間に次回最終回。早かったなぁ。
スポンサーサイト
[ 2009/09/21 23:28 ] 狼と香辛料 | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

狼と香辛料II 11話
第十一幕 「狼と別れの決意」 値踏みされてイヤな感じ… トレニー銀貨2000枚、なんて金額をポンと貸してくれる所なのですから、普段...
[2009/09/22 21:41] ワタクシノウラガワR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。