箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

CANAAN 12話

忌殺列車

超人のカナンと極限のアルファルド。
決して越えられない壁、それが絶望でした。

才能と努力、と置き換えると分かりやすいかな。
どんなに努力しても、それを軽々と越えていく才能を見せつけられるのは辛いものがあります。
まして、自分が大切に思ってる人がその才能に希望を見出したとあればなおさら。
シャムにとって、カナンは「自分の性能をはるかに越えた絶望」でしたが、だからこそ希望でもあったのだと思います。
だってカナンって名づけたのはシャムですから。

アルファルドが自分を取り戻す方法は、カナンの絶望を殺し、シャムの亡霊を撃ち抜くこと。
そうすることで過去と決別できるのかしら。
カナンは守るべき光、今ならマリアですが、それがある状態が最も強く恐ろしいのだそうです。
シャムを失ったときと似た状況を作り出し、カナンの守りたい、という思いを煽った上で、マリアを危険にさらしてカナンの真の力を引き出そうとしました。
前回夏目がカナンを恐ろしい、と言ってたので、頃合だと思ったんでしょうか。

けれどカナンは揺れていました。
写真にとられた顔は、マリアの知らない顔。ただ強かっただけの時は過ぎ去りました。
赤ちゃんみたい、ってのは、情緒的な面でもそうなんでしょうね。
そしてマリアも戸惑っていました。
無意識でも、カナンがずっと自分の「光」であり続けることを望んでいたようです。
カナンが普通の女の子になったら受け止めきれない、と感じてしまいました。
最初にカナンを探しにいったシーンで、ずっと手を握り返さないのがちょっと寂しいです。

マリアがアルファルドの写真をとったのは、自分の目で、逃げずにアルファルドを見つめるためでした。
ひいてはこの先もカナンの隣を歩くため。
これは、カナンを受け止めようとした決意の表れとみていいのでしょうか。
ラストでカナンに謝っていたのは自分が死んでしまうから一緒にいられない、と思ったから?それともやっぱり受け止めることはできないと思ってしまったから?
前者も悲しいけど後者も嫌だ・・・。

カナンはアルファルドは互角に戦っていました。
なんせ前に戦ったときは一方的にやられちゃったんで、なんか感慨深く見てしまった^^;
戦ってるとき流れてた曲はカナンやアルファルド、シャムが歌ってた鼻歌のアレンジ・・・でしたよね?
こういう風に使われると燃えます!

マリアはお腹を撃たれて閉じ込められ、しかもその車両には爆弾が仕掛けてありました。
抜かりないなぁアルファルド。
ユンユンには自分を見捨てることを頼んだんでしょうか・・・。
車両を切り離して、マリアは一人取り残されました。
そして爆弾が爆発するまで残された時間はわずか。
このままマリアが死んじゃうのは嫌です。
どちらかというとユンユンの死を警戒してたので、マリアは不意打ちでした。
でも車両を切り離したってことは止まるってことだし、マリアの体でも脱出可能だったり・・・とかないかな?

だってだって愛なんだよ。
カナンの愛がどういう結末を見せてくれるのか期待しつつドキドキです。
シャムのアドバイスは、ありのままを見つめろ、というものでした。
そうしたら見えるシンプルな真実って何なのでしょう。

もう最終回は放送されてるんですよね~
早く見ないと。

チャイナ気分でハイテンション!
チャイナ気分でハイテンション! みのさん車で助けに来てくんないかな! 
スポンサーサイト
[ 2009/09/29 05:09 ] CANAAN | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。