箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ティアーズ・トゥ・ティアラ 25話

メルカディス

アロウンたちは、真の敵・レクトールのもとへたどり着いた。
レクトールは、アルサルの父を殺した張本人だった。
世界の終わりが始まってしまい、先の大戦でアロウンの命を奪ったメルカディスが出現する。
メルカディスの暴走で塔が崩れ、絶体絶命のアロウンたちを救ったのはタリエシンだった。


まさかのタリエシン復活に吹いたw

やー、以前生きていて欲しかったよ、とか書いたくせに、いざ出てくると吹いたってどういうことですか。
そういえば竜族には出会ってたんだから伏線は張ってありました。
ただ、精霊であったミルディンですら消滅してしまう歌を歌ったのに生きてたのには驚きです。
規模が桁違いだったとはいえ・・・なんで生きてんの?(ひどいw)

アルサルの父を殺したのがレクトールだったことを、アルサルは思い出しました。
アロウンの墓の場所を聞き出せなかったから殺されたそうです。
で、暗示をかけて仇をアロウンだと思い込まされてたんだとか。
それほどまでにレクトールはアロウンの存在が邪魔だったんですね。
恐れていると言い換えてもいいかもしんない。絶対認めないだろうけど。

ダーンウィンは、思いに反応する剣みたいです。
真実を照らせ、というアルサルの言葉で、白い花の咲き乱れる庭園の本当の姿が暴き出されました。
本当は、人間の骸がごろごろしている場所でした。
たしかパラディウムが建てられたのはそんなに前でもないはずなので、あんな埋め尽くすほどに人が死んだなんて、ここで何があったのか気になります。
レクトールの言う、人間の心の影につけこんだ結果なのかしら。

今回の世界の危機?は、レクトール一人だけが動いているんでしょうか。
他の11人の精霊は一体何をしているんでしょう。傍観?
それまで放置してた人間を、なぜ急に滅ぼそうとしたのか、その理由ってあったんですかね。
ただの気まぐれです、って言われたらショボーン。

レクトールは、骨となり、もうこれ以上変化することのなくなった人間の姿を美しいと言います。
全てが静止した世界は完全なのだそうです。
変化しないことを美しいと見るか、変化するからこそ美しいと見るか、ただの考え方の違いな気もしますが、それに巻き込まれて滅ぼされたらたまったもんじゃないです。
アロウンとレクトールの考えの違いを明確に描いてくれましたが、悪くはないんだけど予想範囲内というかんじ。
やっぱり一番盛り上がるべきところだと思うので、もっとガッツン来てほしかったな、と。

さて、レクトールに総攻撃を仕掛けますが、ちっとも攻撃があたりません。
天上と地上がつながって世界の終わりが始まってしまったりと、状況はどんどん悪化しています。
それでも、何度倒れてもアルサルは立ち上がります。
アルサルたちの武器は希望だものね。
レクトールがどんなに絶望を示してみても、アルサルは希望を失わず向かっていきます。
少しだけど傷をつけることができたのは、ダーンウィンがそんな思いに答えてくれたのかもしれません。

ずっと余裕ぶってたくせに、ちょこっと傷をつけられただけで激昂してしまうレクトール。
あらまぁ・・・。
骨と違って生きている以上、完全な存在になんてなれないのかもね。
浄化の炎からメルカディスが現れ、レクトールを吸収してしまいました。
そのせいか、杭のように刺さってたオベリスクが溶けて、暴走状態になります。

そこでまさかのタリエシンだったのでした。
竜の角を掴んで空を飛ぶ絵面・・・どっかで見たことがあるような気がするのですが・・・
にほん昔話かな?(笑)

ラスボスは白の精霊じゃなくてメルカディスなようです。ちょっと意外。
いよいよリアンノンが力を発揮するのですね。

Free and Dream
Free and Dream 今更だけどOPの映像はいろいろ詰まってて燃える。
スポンサーサイト
[ 2009/09/30 02:13 ] tears to tiara | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。