箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

SIREN プレイ日記その40

羽生蛇村の人たちは呪いにかかってるので、村の異変には気づかないようになってるらしいです。
が、アルバムなんていう物的証拠があると気づかれる確立がぐんと上がる気がします。
今回のシナリオは羽生蛇村出身の多聞ですが、呪われてるはずなのにしっかり気がつきました。
竹内家の人は勘が鋭い家系っていう設定でしたが、それにしたって写真にうつっちゃうのは迂闊だと思いますよ?
それとも病院の罠なんだろうか。そんな馬鹿な。

竹内多聞  第2日  宮田医院・第二病棟一階裏口  18:37

終了条件2は、アルバムを見つけること。
「水道と窓の隙間に注意。水は上から下へ。」がヒントでした。
宮田さんの病院シナリオと、多聞が蛇ノ首谷で拾ったホースをあわせて考えると答えは見えてきます。
トイレへGO。

トイレまでには蜘蛛が二体いますが、適当に倒したりスルーしたりしてサクサク進めます。
今回は残りの弾数を気にしなくていいので気が楽です。
二階男子トイレの水道の蛇口にホースを取り付けて、窓からたらします。
そして一階に降り、窓からホースを引き込んで木製タグのある金網のところに押し込みました。
わざわざ一階に降りてからじゃないと水を出せないのが面倒といえば面倒です。
ちょろちょろっと出しておいたら別に問題なく引き入れられると思うんだけどなぁ。
いや、これくらいの手間を惜しむなよって話ですがw

タグは木製なので水に浮いてくれるそうです。
なるほど、だから取れるんだ。よく分からずに取ってた。はは。
かくして、二階第二病棟への鍵をゲットしました。

さて、鍵で封印されたいた場所は、かつて理沙が貧乳のおかげですり抜けた扉の向こう側でした。
あの時は蜘蛛が二体いましたが、今もいます。
というか出られなかったんでしょう。きっと。
蜘蛛やら犬やらを見ると閉じ込めたくなるようになってしまったので、この二体も閉じ込めることにしましたw
一体は隔離室のなか、もう一体はそこに続く奥の廊下にて封印☆
よく考えなくてもそこまで遠くに封印しなくても良かったなー。
ま、これでゆっくり探索できます。

お目当てのアルバムは資料室にありますが、まずは院長室へ潜入です。
先々代の院長が使ってたのかしらね。
院長室のわりには狭い部屋です。
レコードプレイヤーが置いてあり、針を取ってしまいます。なぜに。
ん、蓄音機とは違うのかな?蓄音機は今の職場で初めて見ました・・・。

資料室においてあった古いアルバムには、今と変わらぬ姿の比沙子が写っていました。
あれ、多聞って比沙子と会ってたっけ?
27年前の記憶・・・はさすがに無理でしょうし。
そんなうろ覚えで黒幕に仕立てられたらかなわんw
というか今の比沙子の姿を知らなきゃそもそもおかしいと思えないよなぁ?あれ?


八尾比沙子  第2日  大字波羅宿・耶辺集落  6:44

波(?)に流されて、比沙子の足元に何かが転がってきました。
比沙子が見つめるのは、舟にのった白髪の求道女。これも比沙子?


次は恭也の新シナリオ。
宮田さんに怒られても知らないぞ。
スポンサーサイト
[ 2009/10/08 23:06 ] ゲーム感想 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。