箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

狼と香辛料Ⅱ 12話

狼ととめどなき涙

50人会議の結果に不満を持つ毛皮商人たちによって暴動が起こされた。
ロレンスとエーブは、計画を成功させるために行動を開始する。
ホロを担保に金を借り、あと一息で莫大な利益が入るのだが、ロレンスの気は晴れない。
エーブの企みに気づいたものの、金貨は奪われてしまった。
それでもホロを取り戻すことはでき、二人は旅を続けることにする。


計画が成功すれば、ロレンスは町商人になり、ホロは祝福して別れを告げる。
計画が失敗すれば、ホロはロレンスを見限る。
二人が旅を続けるためには、ロレンスが儲け話を蹴らなければいけません。
多分ホロとしては、ロレンスに商売を諦めるような選択をしてほしくないんだと思います。
その選択はロレンスの、ホロへの優しさだから。
でもさー、計画に不安を感じたのを見抜かれたときの、「これがお前の望んだことだろう」だったかな?
あの言い方はないと思うんだ・・・。ちょっとひどいよ?

無事に金貨で支払ってもらい、あとは毛皮を仕入れるだけとなりました。
ロレンスは商会を出るときホロのことを振り返りますが、ホロはこちらを向いていませんでした。
重々しく閉まった扉が、もう戻れない二人の象徴みたいでしょんぼり見てしまいましたw

成功すれば利益は銀貨4000枚、けれどロレンスの心は踊りません。
当然じゃないか、とつっこみましたよ。
アマーティとの騒動でホロの存在はお金で代えられるものじゃないと分かったんじゃないんですか。
そりゃー今回の利益は4倍、しかもお店つきですが、単純に利益が釣りあがったからホロを手放してもいいやーと思っちゃうんじゃ最低だもの。

さて、エーブの企みがとうとう明かされました。
前回ロレンスは石像が塩でできていることに気が付きました。
その塩でできた石像は、密輸に使われていたのでした。
教会は、関税を払わずに暴利をむさぼっていたのだそうです。
さらに利益を求める教会に、エーブは毛皮の取り引きを進言しますが、大きなパトロンを得て切り捨てられた、と。
教会にとってエーブは不都合なことを知られてる危険人物になります。

それでもまだ利用価値がある、と生かされていましたが、エーブは自分が考えた莫大な利益を生む取り引きを見過ごすことはできませんでした。
ロレンスが用立てた金と、自分で貯めた同額くらいの金を全部つぎこもうとします。
しかし、それをすると教会に消されるため、商会の後ろ盾のあるロレンスと手を組んで自衛した、ということらしいです。
ああ、理解するのに時間がかかった。

ロレンスが計画の成功一歩手前でエーブに真意を聞いたのは、取り引きが危険すぎると判断したのもあるでしょうが、反故にしてホロと旅を続けたいと思ったから、と考えてもいいんでしょうか。そう考えよう。
金は奪われてしまいましたが、宿の権利書はおいていってくれました。
わざわざ権利書をおいていってくれたのは、エーブが商人だからかしら。
身ぐるみ剥がして奪っていくんじゃ強盗ですものねぇ・・・。

ホロを迎えに行くと、怒ったホロに殴られました。
ああ、そこさっきエーブにも殴られたところ・・・。
それにホロさん、尻尾がすごいことになってますよ(笑)

エーブが自分の命を危険に晒してまで金儲けをしようとするのは、その先にあるかもしれない何かを期待しているからなんだそうです。
自分を買った商人の末路を知りながら、同じ道を選ぶ・・・どころか尋常じゃなく突き進むのはなぜでしょう。
過去に何があったらそこまで固い覚悟を決められるのでしょうか。
サブキャラで一番好きなのは未だにぱっつんなのですが、エーブもかなり気になります。
男装の麗人ってあたりが既にツボなのかもしれないw

望んでも手に入らないかもしれないが、望まなければ手に入らない。
ロレンスは、エーブを見習ってホロに気持ちを伝えました。
お前が好きなんだ、と。うん、知ってたよ(ぇ
見てれば丸分かりですが、そうういえばきちんと言葉にしたのは初めてですね。

ホロの涙は、ロレンスが商売よりも自分を選んだことへの嬉しさと、自分がロレンスを邪魔したかもしれない歯がゆさと、この先待ってるかもしれない辛い別れへの恐れがない交ぜになって流したもの・・・かな。
でも、めそめそしてる方が好きだから泣いてる、と返されるとは思いませんでしたw
すっかりいつものホロですね。
二人の旅が続くようでよかったです。
ラストの二人が光のほうへ手をつないで歩いていくシーンは、鐘の音だけが鳴ってる演出もあいまって、荘厳で神聖でした。
邪魔するべからず、みたいなw

エーブに奪われっぱなしではいないな、と言ってたので、3期があるならこの続きからでしょうか。
たぶん原作どおりに丁寧に作ってくれたのでしょうが、割と淡々と進みました。
終わり方もあっさりしてましたし。
もちろん楽しみにしてたし、楽しんで見たのですが、盛り上がりにはちょっと欠けたかな。
とにかく、スタッフ・キャストのみなさま、おつかれさまでした。
そして、ここまで読んでくださった方には感謝を。

狼と香辛料II O.S.T 狼と「幸せであり続ける物語」の音楽
狼と香辛料II O.S.T 狼と「幸せであり続ける物語」の音楽 うまいタイトルつけましたね 
スポンサーサイト
[ 2009/10/03 03:46 ] 狼と香辛料 | TB(2) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

狼と香辛料II 12話
第十二幕 「狼ととめどなき涙」 ロレンスはホロを元手にお金を借り入れ、これから大きな取引が待っているというのに、全く心が弾んでいま...
[2009/10/03 22:59] ワタクシノウラガワR
◎狼と香辛料II第十二幕「狼ととめどなき涙」
町で、暴動起こる。エーブさんは、ロレンスに知らせに来る。それでも、エーブさんは、予定通り、毛皮の取引をすることに。ロレンスがホロとこのまま旅をつづけるには、商売をなげだして逃げるしかないとロレンスはいうがホロはロレンスにビンタする。そして、ロレンスは、...
[2009/11/12 04:12] ぺろぺろキャンディー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。