箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

大正野球娘。 12話

土と埃にまみれます

晶子の魔球に気づかれてしまい、桜花會は朝香中の逆転を許してしまう。
もうこれ以上点は入れない、と雪が岩崎の打球を捕るが、手首を痛めてしまった。
だが雪の強い思いにより試合は続けられ、桜花會のメンバーは尚一層団結して試合に臨む。
結局勝つことはできなかったが、最高の試合になった。


晶子の魔球が見破られてから逆転されるまではあっという間でした。
たくさん練習したけれど、実力・体力の差は大きかったみたいです。
桜花會が勝つには、先制できたのを生かして逃げ切るのが一番いい方法だったはずでした。
つくづくピッチャーって大事。

公式サイトの12話のあらすじで、雪が打球を捕って動かなくなってしまう、と書いてあって、一体何が起きるんだとハラハラしていました。
頭にあたるとかではなくて安心しましたが、手首の捻挫はひどく、少し動かしただけでも激痛がはしるほどでした。
審判は試合放棄を提案しましたが、雪は続けたいと強く主張します。
昔男子と野球をするのが楽しかった、そして、もう男子と試合する機会はないかもしれないから最後までやりきりたい、と。

雪はほんわかしたイメージが強かったですが、野球に対する情熱は誰より持ってました。
思い返せばみんなで野球をできるよう色々動いていましたね。
野球をしたいのに、もう男子とまざってやることはできない、そんなジレンマがこれまで描かれてたら、もっと感情移入はスムーズだったかもしれません。
そうなると主人公は誰だ、状態になりそうですが。

試合を申し込んでも軒並み断られたり、朝香中の校長が女子が野球をやるのは野球への冒涜だ、とかありましたが、この作品の男性はおおむね小梅たちに理解があるので、なんだか男子と野球をする機会がこの先もありそうだと感じていました。
それこそ、朝香中に健闘したと聞いて、向こうから試合を申し込んでくれそうなイメージです。
なので、もう男子と試合をする機会がないから悔いのないよう頑張ろう、と一致団結するのをちょっと蚊帳の外の気分で眺めてしまいました。

ここからの奮闘は見ていて気分がよかったですw
満塁になったところで巴の出番。
乃枝はいつものように大振りを禁止しますが、静は思いっきりやっちゃえばいいじゃない、とホームランを狙うよう促しました。
果たして、巴の打球は満塁ホームランとなり、一気に差をつめることができました。
1クールで9人全員を描くのは難しいのでしょうね。
静が好きだったのですが、巴以外とは絡まなかったのがちょっと残念です。

9回、桜花會の攻撃、2アウトで小梅にまわってきました。
ちょっと諦めムードになったところで、両親と三郎が応援に来てくれました。
待ってたよお父さん。
おかげで塁に出ることができ、あと一点差まで迫ります。
懸命にホームベースに走りましたが、アウトとなってゲームセットでした。

現実的な話をすると、たかだか数ヶ月の練習で、何年も練習してきてる男子に勝つのは厳しいでしょう。
だから勝ってしまっていたらちょっとしらけたかも。
善戦しながらもあと一歩及ばず、はいい見せ方だったと思います。

試合には負けたけれど、三郎は小梅を名前で呼ぶことになったようです。
セーラー服を着た小梅と手をつないで、仲良く帰っていきました。
この二人は見てて本当に可愛らしくて心が弾みます。
にやにやできる終わりかたでしたね。

ただまあ、気になることがないわけでもなく。
試合後の晶子と岩崎の会話は、何を思って晶子が野球をしようと思ったのかを伝えて欲しかったです。
対等に認め合いたいということだと思ってたのですが、どうだったんだろ。
前述のとおり、大正時代にしては男性に理解がある、というかありすぎる?ので、時代設定が大正である必然性をあまり感じませんでした。

女の子たちが野球を頑張って、その過程でジェンダーの問題にも切り込む、というお話かなーと思っていました。
よく考えたらそれって1クールじゃ終われない?
前者はともかく後者は大して描写がなかったので、少し物足りなさを感じたのは事実。
でも小梅たちが野球に励むのを見るのはとても楽しかったです。
堪能しましたv

そんなわけで、スタッフ・キャストのみなさま、おつかれさまでした。
そしてここまで読んでくださった方には感謝を。

TVアニメ「大正野球娘。」音楽集
TVアニメ「大正野球娘。」音楽集 OPの写真のようね 
スポンサーサイト
[ 2009/10/08 22:21 ] 大正野球娘。 | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

少女たちの野球挽歌。まさか、この大正の時代でも、女子は男子より勝るという時代的にヤバ展開をしちゃうんでしょうか!? 大正野球娘。最終第12話『土と埃にまみれます』
 前話で、小梅に勘当を言ってしまった父親。  でも、娘が一生懸命にプレイしている試合を見に行こうと気にしている様子ですが……それを見...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。