箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

テガミバチ 2話

ぼくの友達

ゴーシュの首都への栄転を知り、ラグは母を探すためについていきたいとせがむ。
しかし、首都に行くには通行証が必要だと断られた。
腹を立てたラグはゴーシュの心弾銃を奪って一人で行動するが、鎧虫に襲われる。
ゴーシュと鎧虫を撃退したものの、ゴーシュは怪我をしてしまった。
気を失ったゴーシュを担いで町まで歩き、配達は終了となる。
別れ際にラグは、ゴーシュに秘密を打ち明け、ゴーシュのようなテガミバチになりたいと願った。


ラグの母は首都・アカツキへ連れ去られました。
ゴーシュが最高のテガミバチになろうとして首都へ配属されることを知ったからには、一緒に行きたいとせがむのは無理のないことかもしれません。
しかし首都はなにやら特別な地域のようで、通行証を得るのは大変なことなのだそう。
ゴーシュが妹を首都へ呼び寄せることさえ簡単にはできないのだと。
まあ、ゴーシュとしては誰か連れて行けるなら妹を選ぶよね。

おまけに、ラグがゴーシュとは友達になれないか問うと、仕事中だから、とばっさり。
アリアとのことをからかったり、一緒に食料を確保しようとしたりと、少しは距離が縮まったように見えた二人ですが、そんなゴーシュの態度にラグはおかんむりです。

ゴーシュの心弾銃を奪って、その力でもって首都まで強行突破すればいいじゃん、と行動開始。
安全な場所でなら可愛らしい無鉄砲さなわけですが、町の外の暗闇は危険でした。
いつの間にか鎧虫のすぐそばまで来ていたというね。
今回のは蟻地獄?
流れ落ちる砂に足を取られてどんどん鎧虫の射程に近づいていってしまいます。

鎧虫の武器にラグが貫かれるその刹那、ゴーシュが助けに来てくれました。
けれどゴーシュが代わりに怪我をしてしまいます。
それに、なんせ蟻地獄ですから、助けに来たゴーシュもロダから垂れるマフラー(?)にぶら下がっているだけです。
自由に動けず、心弾銃を撃っても鎧虫の内側に届かず、ピンチが続きます。

ゴーシュは鎧虫が武器を装填する隙を狙おうとし、ラグに強い心で銃を構えていて、と言います。
その言葉に反応したのかしら。ゴーシュを守りたいと思ったのかな。
ラグの目に埋め込まれた精霊琥珀が輝き、心弾銃のエネルギーが高まっていきます。
空中に吹き飛ばされた状態でラグが心弾銃を撃ち、鎧虫を倒すことができました。

ラグがいるから母親としていられる、という言葉。
足が治らなくてもいいからそばにいて欲しい、と願うゴーシュの妹。
二人の心が心弾銃を通じて共鳴したみたいでした。
鎧虫を倒したときにキラキラするのは、鎧虫に原因があるんじゃなくて、撃ち出した心が輝いてるんでしょうか。
一度はテガミを否定したラグですが、テガミは心であり、希望なのだと理解しました。
そしてゴーシュも、ラグの心が響いた、と言いました。
二人の心が通じ合ったんですね。

ゴーシュが目を覚ますと、そこはもう町でした。
ラグがゴーシュを担いで歩き、手当てもしていました。
なのにゴーシュの第一声は判子かサインを、で届け先のおばさんは怒ってゴーシュを追い出してしまいました。
この仕事おバカw それともトークが下手なせいですか?w

仕事が終わったので、二人の旅は終わりです。
仕事が終わったので、もうラグはゴーシュの配達物ではありません。
だから、ゴーシュはラグを友人と呼び、抱きしめます。
その腕の中で涙を流しながら、ラグは左目の義眼のことを打ち明けます。
ラグが幼いときに病気にかかったのを治すために精霊琥珀が埋め込まれたそうです。
赤い精霊琥珀は珍しいようですし、どうして母はそんなの持ってたのかしら。
連れ去られた原因はそのあたりにあるのかしらね。

ラグは泣きながら、ゴーシュのようなテガミバチになりたいと叫びました。
泣きながらも精一杯のラグがいじらしくて、こっちまでじんわり来ちゃったじゃないですか。
そして五年後。いきなり飛んだな~。
テガミバチを目指して旅立つってところで終了。
ラグの口調がゴーシュを真似て丁寧になっているのが憧れを表してていいかんじ。

次回、またしてもテガミが人のようです。
今度は女の子ですか。人が届けられることって結構あるのかしら。

テガミバチ 1 (ジャンプコミックス)
テガミバチ 1 (ジャンプコミックス) ゴーシュとの過去は確かに2話必要だったかも。
スポンサーサイト
[ 2009/10/11 04:18 ] テガミバチ | TB(2) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

(アニメ感想) テガミバチ 第2話 「ぼくの友達」
テガミバチ 1 (ジャンプコミックス)クチコミを見る ゴーシュの心を垣間見たラグは、ゴーシュが首都で働くBEEの中でもただひとり選ばれた最高称号者、ヘッド・ビーになる夢を持っていること、そしてその夢に一歩近づき、間もなく首都勤務になる予定であることを知る。 ...
ラグ7歳のお話である序章は終了。そして本題である12歳のラグのお話が、次回から始まりますが、福山さんの再臨はまだ先です! テガミバチ第2話『ぼくの友達』
 今回は、ラグ7歳のお話の第2話。  まあ、今回の2話は序章なので、原作未読の方は展開早ッ!と思ってる方は多いと思いますね。  でも、こ...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。