箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

月追いの都市

tsukioi.jpg
うーん 分かりづらい。

ここ最近私の頭の中をいっぱいにしていたものです。
霜月はるかさんのサークル、t i e L e a f のコミック+CDのコラボ作品、月追いの都市、ですv
ずっと欲しかったんですよー。

なんてーか、いつもより妄想3割増、というかw
奥行きと色がついた感じ?
なんのこっちゃ。

ネタバレ?になるかもなので、以下は続きで。



コミックパート・花ひらく蒼天

絶対エルシアよりイワシ(ひど)の方が可愛いです。
いえ、エルシアも可愛いですけどね。

まぁ、感情が見えないエルシアより、怒ったり泣いたりしているサーちゃんの方が魅力的なのは当然かもしれません。
エルシアは心が欠落しているので仕方がないといえばそうなんですが。

設定が色々難しいですが、重要なのはそこではないですし。
サーちゃんの空回りがなんだか愛しいですよ。
ていうかサーちゃんのこと好きみたいですね。

エルシアのふわふわの髪の毛はめちゃ好みです。
ラストシーンは幻想的で、ちょっと胸がきゅっとなります(笑)

この話は一応これで完結しているみたいですけど、CDパートの方の話がすっごく気になります。

CDパート・月追いの都市

こっちで語られてるのは、なんだか外枠っぽいので、余計話が気になっちゃいます。
コミックの方も外枠ぽいですが。
ちなみに私の言う外枠ってのは、物語の背景と過去、結末です。

作詞は全て日山さん。日山さんの歌詞は本当に詩的で好きです。
作曲は霜月さんの他にMANYOさん、myuさん、たくまるさん、細井さんです。

実は流れがよく見えなかったりするんですが・・私では。うぅ。
歌詞とメロディが切れ切れで頭の中を舞っています。
しっかり歌を覚えてないだけ、とも言えますww

一番好きなのは「捻子巻く時計が月の満ち欠けを刻む」です。長い曲名だ。
この曲の歌詞がまぁ気になる気になる。
「僕」はリゼルなのでしょうか。
「君」はソフィアもあればエルシアもありそうです。

7曲目の「遠い少女へ」から9曲目の「白き想歌」の流れがすごく盛り上がります。
(私の気分が)
このあたりが一番リゼルを感じられます。
8曲目「花ひらく蒼天」はエルシアの曲で、「白き想歌」の最後の一節はサーディン→エルシアとも取れますが。

4曲目「光との邂逅」も好きです。
リゼルとソフィアの出会い、なのかな。
ソフィア視点なかんじです。なんだか一途で、少し寂しいです。

曲って、具体的に言葉で語られるわけではないので、感じることが重要だと思われます。
で、個々の曲から何を感じ取るかは人によって違うし、自由です。
この作品の場合、登場人物が決まっているので、想像の幅はある意味狭められますが、違う方向で広げることが可能です。
また歌詞が想像をものすごく掻き立てるんですよね。(だから3割増w)

まだもう少し私の頭の中をぐるぐると占め続けそうです。
今年の夏コミの新作、「Lip Aura」も持ってますしね~。
本編「捻子巻く月」はゲームの予定らしいですが、出たらこれも買ってしまうかもしれないです。
早く自分用のパソコンを手に入れなければ。
スポンサーサイト
[ 2007/09/11 22:13 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。