箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

SIREN プレイ日記その42

同行者がいるシナリオは結構同行者の行動に気を使わないといけません。
そう考えると高遠先生と春海のコンビは楽なほうに入るかもしれないです。
春海は放置してても全く問題ないからなぁw

高遠玲子  初日  刈割・廃倉庫  23:45

終了条件2は、順序に従って灯りを灯すことと、四方田春海の刈割からの脱出。
何度見ても切ない「の」。
ヒントは、「四方に祈る女に注意。先頭は獅子」。

祈る女ってのは、灯篭から灯篭へ歩いてる屍人のことです。
最初は獅子なので、灯篭Dになります。
あとはこの屍人をストーキングして、止まる順番に火をつけていけばよい、と。
基本的に条件1と動きは変わりません。
ありがたいことに進行方向にそって灯していけばいいのでw
条件1のときに屍人ウォッチングをした甲斐があったぜ。

でも灯篭の絵って、微妙に分かりにくいような。
獅子、雄牛はともかくとして、鷲・・・もまあ分かるかな。
残りは人らしいんですが、ずっと羊だと思ってました。
先頭は人、だったら分からなかったかもしれないw

ところでこの順番って、各シナリオで石碑を倒した時間順らしいです。
宮田さん(蛇ノ首谷・獅子・3:31)→理沙(田掘・雄牛・4:00)→恭也(刈割・人間・8:10)→志村(合石岳・鷲・8:19)なんだって。
へー。そこまで気づきませんでした。

いつものように春海は放置しておいて、先生一人で行動を開始します。
屍人は会ったらぶちのめす、ということで特にジャックとか使わずに進みました。
まずは鉄柵の脇の灯篭Dに火をつけ、次は教会への門のそばの灯篭A、その次は恭也のときに散々苦しめられた魔の地域(笑)にある灯篭B、最後は春海を迎えにいくついでに灯篭Cと灯していきました。
いちいち行ったり来たりしなくていいのでとても楽です。

そういえば廃車を動かして橋にするときって、先生乗ったままだと危ないよなーと思っていました。
思いっきりガックン!ってなってるし。
しかし乗ってたはずなのに遠くから車見てます。
不思議に思ってましたが、よーく見るとちゃんと脱出してました。
すごいや先生。さすが体育教師。

灯篭をぜんぶ間違わずに灯すと、紫の発光体がそれぞれの灯篭から発生して、一つにまとまるデモムービーが流れます。
そしてアーカイブに「木る伝」について追加されました。
木る伝ってなんて読めばいいんだろう。
もし間違えたらやり直し不可なんでしょうか。条件1でしかクリアならず?

あとは普通にクリアしましょう。
ああ、悲しいね。


神代美耶子  第2日  田掘・廃屋中の間

時間的に亜矢子との対決(?)のあとですね。
恭也のところに帰ってきたところから始まりました。ふすま閉めようね?
屍人化に苦しむ恭也のために血を与えたというムービーらしいのですが、美耶子が恭也の手を傷つけたから呻いてるように見えなくもなかったりw


次回は「きゅるってる!」の回。そういえばしばらく出てきてなかったなぁ。
スポンサーサイト
[ 2009/10/12 23:35 ] ゲーム感想 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。