箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

11eyes 2話

水晶の少女 ~egy la'ny-ban krista'ly

襲われていた駆とゆかは、美鈴に助けられた。
そのまま3人で赤い夜の中心へ向かう。
そこには、水晶に閉じ込められた少女とそれを守るように出てきた黒騎士がいた。
危うく殺されそうになったところで現実に戻れたが、現実に戻っても黒い月が存在していた。


冒頭のナレーション・・・何語?
サブタイのと同じ言語かなー?気になる・・・。

黒騎士がてっきりモンスターの方かと思ってえええぇぇ、と不満げに呟いてしまいましたが、多分水晶の少女を見たときに出てきたほうですよね。
あっちの方が騎士っぽいもんね。

美鈴も駆たちと同じ高校の生徒で、一つ先輩でした。
彼女は陰陽師だそうで、陰陽師の力と刀を武器としています。
刀はなんと左手の薬指から出てきました。
かなり強くて、モンスターなら楽勝、といったところです。
いきなり頼もしい味方ができて、とりあえずは一安心かな。

赤い夜は、水晶の少女が作り出したそうです。
けれどそれは無意識で、駆たちを現実戻すことはできないのだと。
彼女は助けを求めていますが、助け出したら赤い夜は終わるのでしょうか。

そのためには、黒騎士たちをどうにかしないといけません。
あっちは駆たちをヤる気満々。
特に駆は存在していてはいけないのだそうで。
やっぱり1話冒頭の過去が何か重要そうです。
あの場面をゆかが目撃したこと、異世界を赤い夜とやけに詩的な名前をつけたこと、それに姉を幻だと言ったときの目つきも気になります。
それこそ赤い夜の存在にゆかが関わってるんじゃね?ってレベルでゆかを疑わしく思ってますw なんでだw
ゆかを好きになれるかは、今後の行動次第です。
守られているだけで終わるのか、それとも自発的に行動するようになるのか。

赤い夜のなかで殺されちゃったら、現実でも死んじゃうのでしょうね。
ゆかのスカートが破れたまんまだったから、物理的な影響はそのまま残ると見てよさそう。
↑下着丸見えなんだから気にしよーね
駆は危ないところで命拾いしました。
ちなみに黒騎士のデザインは羽っぽいのがついてるのが一番格好よかったですw

美鈴から赤い夜のことを色々教えてもらえました。
他にも飛ばされた人がいて、みんな同じ高校の生徒だったことや、能力のことなど。
というかみんな虹校の生徒なんて、虹校って一体。
能力を持ってる者同士は共鳴するのかしら。
美鈴のお腹が何か反応してました。
ゆかは反応してなかったけど、初めて赤い夜に行ったときには反応してたから、何かしらの能力はあるのでしょう。
駆ともども、いつ覚醒するのか楽しみです。

駆のバイト先の喫茶店には、雪子という女の子がいました。
彼女も仲間の一人、ですね。
やけにハイテンションに見えますが・・・OPではけっこう怖い目つきしてます。
おまけに傷がすごい速さで治っていきました。に、人間?

翌日、図書室で調べものをしていると、水晶宮の少女という、なんとも気になるタイトルの本がありました。
他にも異世界への扉とかありましたが、どういうジャンルの本棚なんでしょ。
そっち系(?)の本がある図書室って珍しいような。
で、その本を取り出すと、隙間から姉の顔が!なんというホラー!すごい怖かったです。

ゆかは幻だと言いましたが、存在を示すようにスケッチブックが置いてあります。
そこには、悪魔を目覚めさせたのは駆だと書いてありました。
だから駆は存在してはいけないのでしょうか。夢にも関係がありそうです。
そして現実の月も黒く変化してたところで続く。
現実がじわじわ侵食されてくかんじがいいですね。

11eyes 1 初回限定特装版(DVD)
11eyes 1 初回限定特装版(DVD) 栞が姉に見えたのは何故でしょう。
スポンサーサイト
[ 2009/10/15 00:35 ] 11eyes | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。