箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

テガミバチ 7話

ユウサリ中央 夜想道13番地 郵便館BEE-HIVE

ラグは相棒のニッチとともにユウサリへ渡り、ビーになるための適性試験を受ける。
その内容は、本物のテガミを届けることだった。
ルートには鎧虫が出現するポイントがあり、倒さなくては進めない。
いとも簡単に倒したラグを見て、監視員のザジは合格は間違いないだろうと言った。
しかしザジから、もうゴーシュがテガミバチではないことを知らされる。


ユウサリへの橋がどうなってるのか気になってたんですが、隣の塔にあったんですね。
それも水面ギリギリだから上から見たら分からないのかしら。
橋を渡る途中、ラグは正式にニッチを相棒とします。
ニッチは「相棒の」、とつけられて顔を赤くし、パンツを履きました。
まだ履いてなかったんか!
パンツを履くのが親愛の証ってのは、可愛いんだか可愛くないんだかw
ニッチが照れてる間にステーキが水没してましたとさ。
橋を渡れるのはラグ本人とディンゴのみ、なのでステーキはどうなるのかと思ってたんですが、ディンゴの生餌としてあっさりスルーw

ユウサリ側ではコナーが待っていてくれました。
空の明るさに、ユウサリへ来たことを実感するラグ。
ゴーシュの妹にも会いたいと嬉しそうに話しますが、コナーは憂い顔。
それに気づかずラグのテンションはあがり続け、郵便館につくなり駆け出し入り口で大声で挨拶します。半裸で。
ステーキを助けて服が濡れてたので半裸になっていたのでした。
そうとう舞い上がってたのねー。コナーが止める暇もありませんでした。

郵便館、通称ハチノスの館長はラルゴさん。
ラグはすっかり珍獣ハンターだと勘違いしてましたが、でも出張用のディンゴに狙ってたって言うんだから、間違ってはいない気がします。
キリエでラグに出会ったのは偶然だろうけど、ラグのことは知ってたみたいです。
正体を明かさないとは人が悪い・・・かな?
通行証をどうするかお手並み拝見ってとこだったんでしょうか。

さて、適性試験とは心がこもった本物のテガミを届けること。
きちんと手紙を届けることはもちろん、鎧虫への対処も試験内容に入っているみたいです。
鎧虫を倒せないとお話になりませんからね。
でも心弾銃を使ったこともない人にいきなり倒せってのも酷な気がします^^;

ラグはニッチのおかげで鎧虫ポイントまでひとっ飛びです。
もしかしてずっと飛んでいけば鎧虫を倒さなくても配達できるんじゃ、とも思う。
ニッチが鎧虫を撹乱し、ステーキが弱点を見つけ、ラグが心弾を撃ち込んで倒すナイスコンビネーションでした。
ステーキがこんな風に役に立つとは意外。
ていうかステーキって何?

一応もう一人候補者がいたのですが、話にならない奴でした。
テガミに込められた心を届ける仕事なのに、そのテガミをすり替えていい印象を与えようとか。
監視員もいることも分かってるのに。馬鹿じゃないの。
ラグの心弾で全部ばれてしまいました。自業自得。

試験はテガミを届けることでしたが、その期限は定められていませんでした。
とにかくきちんと鎧虫に対処してテガミを届けさえすればいいみたいです。
とは言え、早いにこしたことはない様子。
ラグは一日で届けてしまったので、合格は間違いないだろうと言われました。
記録上では二番目に早かったそうです。
でも最速記録を持つゴーシュはもうビーじゃないから、実質ラグが最速なのだと。

ゴーシュがもうビーじゃないとは・・・。
コナーが憂い顔ってことはお家に帰ってきたりもしてないんでしょう。
心弾の使いすぎで心を失ってしまったんでしょうか。
アカツキは人工太陽があるから鎧虫は出てこないんですよね。
なのに何故・・・ってそういえば心を失ったと決まったわけじゃなかったw

テガミバチ 3 (ジャンプコミックス)
テガミバチ 3 (ジャンプコミックス) 泥まみれのニッチ+ステーキに吹いたw 誰w
スポンサーサイト

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : テガミバチ

[ 2009/11/15 22:31 ] テガミバチ | TB(2) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

テガミバチ 第07話 *ユウサリ中央 夜想道13番地 郵便館BEE-HIVE*
そこまでだ、デカパン兄妹!
[2009/11/16 00:56] Moon☆moon
(アニメ感想) テガミバチ 第7話 「ユウサリ中央 夜想道13番地 郵便館BEE-HIVE」
テガミバチ 1 [DVD]クチコミを見る ニッチを正式な相棒(ディンゴ)にすることに決め、ユウサリの郵便館BEE-HIVE、通称「ハチノス」にたどり着いたラグは、マッケイ・ジーという少年とともに、BEEの面接適性審査を受けることになる。審査の内容は本物のテガミを無事、宛

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。