箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

テガミバチ 9話

泣き虫少年の誓い

ラグが再びシルベットに会いに行くと、シルベットはゴーシュの心弾銃を持って泣いていた。
ラグは自分自身がゴーシュを探す希望になろうとする。
すると左目が反応し、心弾銃に心弾を撃ち込む。
ゴーシュの心に触れ、心弾銃をもらいうけ、ラグは正式にテガミバチとなった。


ラグに会ったことで、シルベットはゴーシュを思い出してしまいました。
ラグが再び訪れると、振り向きざまに弱々しく「お兄ちゃん?」と声をかけます。
希望は捨てたと言っても、心のどこかではずっと待っていたんでしょうね。
でも捨てたと思い込まないと、心が折れて生きていけなかったのかな、なんて。
ゴーシュがシルベットの足を治したいと望んだのはシルベットの幸せのため。ですが、今の状況を作ってしまったのはやっぱり酷。
どちらかというとシルベットの気持ちの方に共感してるから余計に。

どういう時にラグの琥珀は反応するんでしょうか。
強い気持ちのこもったものが近くにあって、かつラグがその気持ちを込めた人の心に触れたいと思ったとき・・・かな。よく分からん。

ゴーシュの心弾銃に残されていた記憶は、ビーであることの誇り、シルベットへの思い、ラグへの友情でした。
ビーって、危険をかいくぐってテガミを届けてくれるのに、なんで好意的に受け取られないこともあるんでしょう。
国家公務員だから?この国、そんなに嫌われてるのか。
それでも届けるものは大切な心で、純粋に喜んでくれる人もいます。
ゴーシュにとってビーは命をかける価値のある仕事でした。
自分の誇れる仕事でお金を稼ぎ、シルベットと幸せになれたなら良かったのに。

ゴーシュは今どこにいるのか分からないけれど、必ず探し出す。
そして、心を失っていたら取り戻すと言いました。
心って取り戻せるものなんですね。
泣いちゃだめだ、と言いつつわんわん泣く子どもたち。泣いたあとは笑顔です。
いやぁ、微笑ましい一幕でした。

ニッチはコナーとともにラグの帰りを待ちます。
相棒、と言われるのはまだまだ赤くなってしまうほど嬉しいみたいです。
そのうちこういう反応もしなくなるのかと思うとちょっと寂しいw
そしてコナーが気になる今日このごろ。何故だ。
ハチノスに帰ると、入り口でザジが待ってました。
なんだかんだで心配してたんですね。本当に可愛いな。弟にほしいw
コナーはちゃんとラグに伝えたんだろうか。

ラグの夢は、テガミバチになることじゃなくなりました。
たくさんの人に大切な心を届けること。
そうしてヘッドビーになることが夢なのだと。
ラグにとってゴーシュは本当に大きい存在なんだと感じさせられました。

さて、気になることがいくつかありました。
ゴーシュの過去に出てきた反政府組織という存在。
ビーやテガミが狙われてるのだと。
ビーは心弾銃を扱えるので、なんとなく狙われても不思議じゃない気がしますが、なぜにテガミも?
ゴーシュの失踪に何らかの関係がありそうです。
あと、ゴーシュには母親の記憶がないということ。
シルベットが生まれたときに亡くなったそうですが、そのとき11歳だったにも関わらず覚えてないんだそうです。
実はラグとシルベットが双子だったなんてオチだったらびっくりします。
いや、それって全然ゴーシュの記憶の欠落の説明にならないけどw
ずっと忘れてましたが、ラグには母親を探すという目的もありましたね。
最後に、コナーとザジ、帽子とると印象変わるなぁということ。
どうでもいいだろそんなことw

テガミバチ 1 [DVD]
テガミバチ 1 [DVD] 次回はアリアの過去語り?
スポンサーサイト
[ 2009/12/01 21:00 ] テガミバチ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。