箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

聖剣の刀鍛冶 9話

面影-Lisa

セシリーは久しぶりの休日を、筋肉増強に費やそうとしていた。
しかしルーシーに、女の子らしい格好をしてルークに会いに行くよう言われる。
自分の格好が恥ずかしく、やはり帰ろうとするが、エルザという少女に頼まれて工房に連れて行く。
そのままルークと一緒にリーザの墓参りに行き、ルークの過去を知った。
そして夜遅く、エルザの主の老騎士がリサを襲いに来た。


前回ドリスの筋肉を見て、セシリーは自分も筋力アップをはかろうとしました。
しかしルーシーに反対されます。
年頃の女の子なのに、色気なさすぎですものねぇ。・・・胸以外w
親しい殿方はいないのかと問われ、動揺したため、意識している男性がいることがばれてしまいました。
アリアの説明によると、ぶっきらぼうだがルックスはいいとのこと。
セシリーの気持ちがだだ漏れで面白いです。

ルーシーのお古を貸してもらって、ルークをおとすことになりました。
って、ちょっと待てセシリー!
女の子らしい服を一着も持ってないってことですね?
騎士になったのは少し前だし、それまでどんな服を着ていたんですか・・・。

女の子なんだから女の子らしい格好は自然なのに、ものすごく恥ずかしがって挙動不審なセシリー。
いつもの騎士の格好だってスカートはいてるじゃないの。
「さささ・・・」と口で言いながらこそこそ移動してたのには笑ってしまいましたw
恥ずかしさのあまり帰ろうとしますが、何もしないままでは多分家に入れてもらえないでしょう。
そういうところ変に厳しそうですルーシーさん。
短剣を直してほしいというエルザを工房に連れて行くよう頼まれたので、やむなく会うことになりましたが。

セシリーを見たルークが発した言葉は、「今度は女装か」でした。
いやだからいつもだってスカートはいてるってば。
リサは感激していて、やっぱりセシリーもそういう反応をしてほしかったのでしょう。
女心は複雑なんですよ!
この作品、ファンタジーとしても楽しめますがセシリーとルークの微妙な距離ににやにやして見るほうが数倍楽しいと思うw

残念ながらエルザの短剣は直せないため、せめてリサが手入れをすることになりました。
その間にルークはセシリーとお墓参り。
緊張しすぎてけつまづくセシリーが楽しすぎる。
ルークはセシリーが意識してるのに気づいてはいますが、いつもと変わらない態度です。
でもそれはセシリーを何も意識してないというわけじゃなく、単に鈍感なだけだと思います。
もしくは自分のことで手一杯ってとこかな。
リサのことで悩んでるみたいでしたし。

ルークに工房の名は「リーザ」。
それは、ルークの幼なじみの女の子の名前でした。今回のサブタイもリーザ。
3年前、ヴァルバニルに殺されたそうです。
あれ、封印されてるんじゃなかったんだ?
そもそも封印場所が街のすぐそばの火山って、なんというか危険?な場所に街を作っちゃったんですね。
ルークとリーザは火山へ続く洞窟の探検に行き、そこでヴァルバニルに行き会ってしまったそうです。
リーザと、二人を探しに来たルークの父も殺されてしまったそうな。
過去の描写でルークの左目が光ってたのが、ルークが助かった理由でしょうか。
そのへんは次回のお楽しみっぽい。

セシリーは別れ際、ルークにリーザを愛してるのか聞きました。
答えは「愛していた」。それを聞いて複雑な気持ちになります。
かつて救えなかった、愛していた少女にどこか似ているって言われちゃうと、それは複雑になろうというもの。
でもまだセシリーは自分の気持ちを自覚していないのかな。

ラストで魔剣をたずさえた老騎士がリサの命を奪いにやってきました。
なんでも、ヴァルバニルの血を分けた存在なんだそうですが、リサって一体?
ここにきてリサが豹変してラスボス、なんて流れになったら非難轟々wそんな馬鹿なw
ルークが悩んでるのは、リサの存在そのものってことですかね。
この老騎士をけしかけたのも黒衣の男だそうで。
本当一人で頑張りますね。

聖剣の刀鍛冶 オリジナル・サウンドトラック
聖剣の刀鍛冶 オリジナル・サウンドトラック 次回リサの出生が明かされるといいなー。
スポンサーサイト
[ 2009/12/01 22:36 ] 聖剣の刀鍛冶 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。