箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

SIREN プレイ日記その54

あっという間に12月。とりあえず今年中に終わらせたい・・・;

○高遠玲子○

最初の学校ステージは、まだ異界に巻き込まれてすぐのこと。
恐らく状況の把握もままならない状態だったはずです。
そんななか、目から血を流す校長に遭遇→そっこうボコるという行動は、考えてみるとなんだかおかしくなってしまいます。
マニアックスによると校長は、屍人化が進むにつれ生来の下品な行動も見られるようになる、とあります。
下品な行動=春海を執拗に追い掛け回す・・・
もしかして高遠先生は、ふとしたときに垣間見える校長の春海への劣情(!?)を感じ取っていたのでは・・・とか考えるとまた笑えます。校長と石田は本当おいしいネタキャラですねw

登場人物の中で一番母性を感じる人です。
自分の命を犠牲にしても何かを守るって、母性を強く感じさせるのかしら。
そういえば父性を感じる人はいないかも。
ラストの行動が、少しでも彼女の救いになってたらいいです。

竹内多聞  第3日  屍人ノ巣・第四層付近  3:03

終了条件2は、須田恭也の巣の中枢への門の突破。
Kの裏手を昇るってのが今回のヒントです。
Kとは何ぞや。
どうやら近藤家のことらしいです。
またなんというか直接的なヒントですね。
Kのつくお家というと、川崎家を思い出します・・・。それ波羅宿。

とりあえず近藤家に入れるようにすることが、このシナリオの条件2に必要なので、まずは近藤家に入ります。
玄関が見える位置に屍人が陣取っているので、あそこが怪しいと分かりました。
ヒントがなくても意外といけるよね!
で、これまた条件2に必要なのがレコードの針。
東エリのレコードをかけてみましたよ。これがあの「私の彼の左手に肉球」ですか。
彼は一体何者?
しかしチキンなのでゆっくり聞くことはできませんでした。
二回目をやってもすぐに隠れてしまったというね。
三回目でようやく聞きましたw
それにしても、最初の電話を取る屍人といい、レコードの音にひかれて見張り場を離れてしまう屍人といい、人間味あふれるというか何というか。
お茶目でキュートだなーなんて思ってしまった私はどうなんだろう。末期なのか(何の

見張っていた屍人がいた物置から、別ルートに入れます。
そうして条件1とは違う場所に来たはずなのですが、地図を見てもどこを通ったのかさっぱりです。
とりあえず電気設備へとたどり着きました。

多聞は違う道を通りましたが、恭也は条件1と全く同じです。
なのでさくっと進めましょう。
今回は千曳橋のワンコに見つからずに進めたので、こっそり喝采をあげたりしましたw

ゴール地点に着くと、多聞が電気設備を壊して停電になるイベントが発生します。
そしてどこからともなく美耶子の声が・・・。
美耶子の目を使って、門を突破することになります。
屍人は青くぼやっとしたイメージで見えてました。美耶子の目には、人はみんなあんな風に見えてたんでしょうか。
恭也は他の人と違って見えてたのかしら。どんな風に見えてたかちょっと知りたいです。
ちなみに緑の十字はゴール地点のようです。
多聞かと思って狙い撃ってみたけど何も反応がありませんでした(ぉぃ

突破すると、恭也は「もうすぐだ」と呟きます。
でも美耶子はもう・・・目に見える形では存在していないのね。


須田恭也  第3日  屍人ノ巣・第二層付近  9:48

美耶子を探し疲れ、座り込んだ恭也の前に求道師様が現れます。
恭也にうりえんを託し、彼はやることがあると言って去っていきました。
見送る恭也の「??」な顔が笑えます。
そりゃー冒頭で腑抜けてた人がいきなり偉そうに登場したら「??」ですよねぇw
中身は宮田さんなので、また会ったな、は病院以来という意味なのでしょうが。
相変わらず自分に酔っている匂いがするw そして私は台詞に合わせて動く眉毛が超気になるw
いやしかし、やっぱり宮田さんは頼もしいですわ。


そんなわけで次は求道師様のターン。ストーカーここに極まれり、の巻き。
スポンサーサイト
[ 2009/12/10 23:10 ] ゲーム感想 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。