箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

うみねこのなく頃に 24話

episode IV-VI adjourn

わーぉ気がついたら一週遅れ。
一応今週のを見ずに書いてます。

朱志香と譲治のテストは相打ちという結果に終わりました。
ロノウェの魔法によって、譲治の蹴りが朱志香の頭をえぐり、朱志香の拳が譲治の腹を突き破りました。
無駄にグロいw
二人とも魔法の力を見せ、何かしらの展開を期待できると思ったらえらくあっさりでしたね。
追い詰められてるかに見えたガァプも、実は全然追い詰められていなかったという。
いつかは本当に魔女を追い詰めることができるのでしょうか。
とか書きつつ、「追い詰める」ことは重要ではない気もします。
一方的に追い詰めて負けさせるなんて愛がないですし。

頭をえぐられたものの、一時的に蘇った朱志香は最後に戦人に忠告します。
ちょっと意外でした。
最後の未練が嘉音ではなく戦人に向かうなんて。
牢の内線番号が分からなかっただけかもだけど。
ともかく、相手は本当に魔法を使うと言いました。

時を同じくして、牢に閉じ込められていた蔵臼たちも脱出を試みます。
見張りの山羊がガァプを助けに行ったので、監視がゆるくなっていた模様。
それでもすぐにワルギリアにばれ、結局は全員殺されてしまいました。
怒ったワルギリアに驚愕(笑)なんだガプガプガプ・・・って。
エピソード3では、魔女とは人のために魔法を使うもので、自分はそういう魔女だと言っていたのに、怒りに任せてあっさり射殺許可を出してしまいます。
なんだかワルギリアの印象がぶれてよく分からなくなってきた。

気になったのは、脱出地点が屋敷のすぐそばだったこと。
確か九羽鳥庵は、屋敷から2キロ離れていたはず。
もしかすると地下で2キロほど走ったのかもしれませんが、やはり屋敷に秘密裏に作られていた地下室だったのでは、と思います。

最後まで残ると思ってた霧江さんも今回で退場。残念です。
彼女も朱志香と同様の忠告を残しました。
魔法を、そういうものとして受け止めろというのは、何か重要な気がしなくもない。どっちw
しかし朱志香にしろ霧江さんにしろ、この戦人との会話をあったものとして受け止めていいのか迷います。
なにぶん「魔法側の主張」の一環であるわけで。
ただ、戦人が目で見たものしか信じられないとすると、エピソード4は何も信じられなくなりますw

ついにきました戦人のテスト。
ベアトリーチェ直々にテストに赴きます。
内容は前回と同じでしたが、最愛の人物の欄は空白でした。
戦人にとって特別な人はいないんですね。
そうすると、今度は6年前の罪を思い出すように言われます。
どうしても思い出せない戦人を見つめるベアトリーチェの瞳は憂いに満ちていました。
戦人とベアトリーチェに関する何か、ってことなのかしら。

ベアトリーチェという命名は、たぶん神曲から来てますよね。
ワルギリア(ウェルギリウス)も出てきたし。
だとすると、ダンテに相当する人物も出てきて不思議じゃないのでは、なんて思います。
ダンテにとって、ベアトリーチェは初恋の人。もしかして戦人の初恋はベアトリーチェだったとか、ね。
それを忘れていることは、当人にとっては罪と呼べるかもしれません。
でもそれが原因で一族全滅とか、さすがに勘弁w
ずっと気になってたので書いてみたかっただけですw

戦人が一向に思い出せないと、ベアトリーチェはゲームを放棄すると言い出しました。
そして戦人に復唱要求。

右代宮戦人の母は右代宮明日夢である、というのと、メタ世界の戦人は、右代宮明日夢から生まれた、というもの。

二つ目を、戦人は復唱できませんでした。
ということは、今まで戦人だと思っていたのが実は戦人ではなかったのでしょうか。
戦人偽者疑惑が、6年前の罪と関係があるのかしらね。
復唱できなかったので、ベアトリーチェは戦人(?)が対戦相手の資格ナシとして去ってしまいました。
でも、金蔵の孫であることが条件だからって、その復唱拒否では証明できていませんが。
誰かつっこもうよ。留弗夫の息子であればオッケーでしょうに。
とはいえ、ここにきて戦人に疑惑が向くのは面白い流れです。
正体は出題編のうちに明らかになるかは分かりませんけどw

真里亞は金蔵がテストして、結果は上々だったそうです。
何を選んだのか激しく気になります。
金蔵の考えが垣間見れる貴重なチャンスだったのになぁ。
今回も金蔵は燃やされてしまいました。
エピソード2は不明ですが、あとは全部焼死ってのは、ヒントになってそう。

そして残ったのは真里亞とベアトリーチェってことなのでしょうか。
真に魔法を理解するのはこの二人だけ。
どこかの花畑で、ここにいれば永遠だと言いました。
その永遠がいい意味だとはこれっぽっちも思えません。
空は不穏な色してるし。
誰かが、戦人が連れ出しにくる日は来るのでしょうか。
あるいは、自ら出て行く日が来るのでしょうか。
その花畑に別れを告げるときが、このゲームの終わるとき、そんなかんじでした。

TVアニメーション 「うみねこのなく頃に」 コレクターズエディション 初回限定版 Note.03 [Blu-ray]
TVアニメーション 「うみねこのなく頃に」 コレクターズエディション 初回限定版 Note.03 [Blu-ray] 30分で書いちゃった・・・こんなことならもっと早く書けばいいのにね。
スポンサーサイト
[ 2009/12/17 22:11 ] うみねこのなく頃に | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。