箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

SIREN プレイ日記その55

今回は恩田双子について。
私の中では美奈も主要登場人物なんですよ・・・

○恩田理沙

でも一応理沙から。
久しぶりに里帰りしたら異界に巻き込まれちゃった不運な人。
職場でもなじめなかったそうで、マニアックスには幸薄いと書かれちゃってる始末w
最初に会ったのが宮田さん、姉を殺した張本人ですし。
それに唯一、二つあるシナリオの両方のスタート地点が安全じゃない人でもあります。
しかしサイレンって、真っ当な意味で頼りになる大人は多聞しかいないんですよね。あ、高遠先生がいた。
幸薄で、武器は傘という理沙だけど、意外と物語には貢献しています。
石碑倒したり(これが重要)粗戸で扉のつっかえ棒外したり。牧野さんより貢献してますね!

そんな彼女ですが、私はあんまり好感を持っていません。
彼女の屍人化にやけにドライなのもそのせい。
理由は後述。そんな勝手な妄想で敵意をもたれちゃたまったもんじゃないですw
まさに幸薄w

○恩田美奈

生きてる姿は一度も出ないのに私の中では理沙<美奈です。(重要人物度)
なぜって、もし美奈が生きていたら宮田さんのその後が変わってたと思うから。
宮田さんは冷静で頼りがいがありそうに見えて一番狂ってる人だと思います。
まあ生い立ちや裏の仕事とかありましたが、最後の一線を越えさせたのは美奈殺害なんじゃないかと。
で、私なりに美奈が殺された動機を考えてみました。
マニアックスによると、宮田さんのトラウマを傷つけたとのことです。
折りしもその日は秘祭が行われ求道師がもっとも輝くとき。いつも以上に敏感になってたことでしょう。
そんなとき、牧野について何か言っちゃったんじゃないでしょうか。
全ては理沙を紹介するために。
「先生と求道師さまって双子なのに似てませんね」→「実は私も双子で・・・」みたいな流れ。
許すまじ理沙(ぇ

牧野慶  第3日  合石岳・羽生蛇鉱山  16:00

とうとう求道師様の最後のシナリオです。
条件2がまだ残ってるけどね。
日が落ちようとする中、少し焦りを見せながら先を急ぎます。
双子なのに顔つきがまるで違うのがなんとも言えません。

終了条件は、水門への道へ到達すること。
志村の最初のシナリオとスタートとゴールが逆になっていると思うと簡単です。
銃は弾が6発しかないため、ネイルハンマーに持ち替えておきます。
やっぱりこの人はネイルハンマーで撲殺が一番似合うと思うんだ。
そういえば、合石岳は27年前のステージなのですが、どうして志村はここで倒れてたんでしょう。

まずは管理小屋で鉄柵の鍵を入手します。
小屋の裏手には、行方不明の女の子の張り紙がありました。
異聞に出てくる子で、この子の持ち物は合石岳にいくつかありましたね。
こういう、繋がりを感じさせる小ネタを仕込んでいるところが好きです、サイレン。

管理小屋付近には蜘蛛が二体、その先にはワンコが四体ほどスタンバってますが、もはやネイルの敵ではありません。
なんて気持ちいいシナリオなんだw

第五坑道には理沙、第三坑道には美奈が待ち構えてます。
本当は通洞だけど今までずっと坑道って書いてたのでもう坑道でいいやw
宮田さんの行く先に先回りして待ってるなんて、やるなこの双子。なんという執念。
絶対レーダーがついてると思います。

彼女たちはそれぞれ銃3発で倒せます。
ちなみに宮田さんは二発でやられます。確か。ついでにヒットバックはなしです。
しかし条件1では無視しても全く問題がないという。
一応倒しましたけどね。理沙の顔、今までの頭脳の中で一番気持ち悪いと思う・・・

双子の相手をしなければ、ゴールまでは楽に進めます。
とか思ってたら最後に初見殺しの罠がしかけてありましたw
ゴール間近の蜘蛛がトロッコを転がしてきたのでした。
なんかつい、ジャンプして避けれんじゃね?みたいな気持ちになってそのままつっこんでしまいましたが、もちろんそんなはずもなく。
つーかそもそもジャンプボタンなんてないですしw
気分は初代ドンキーコングだったんだ・・・。あれ樽だけど。
最後に蜘蛛は万感の思いを込めて殴りました。てめーこの野郎。


牧野慶  第3日  合石岳・眞魚川水門  18:05

「日が・・・間に合うか」から二時間。よくもったなーとか思っちゃ駄目ですかw
ともかく、波羅宿で入手した爆薬というか手榴弾で水門を爆破した模様。
ここで宮田さんが水門を壊したから、恭也と多聞の18時のデモムービーで濁流が襲ってきたわけですね。
そうして屍人ノ巣を壊して、堕辰子を日の光にさらすことが目的だったようです。
全ては先代美耶子様のお導きなんだって。

さて、水門を壊したことで、ダムの底が見えるようになりました。
そこには、27年前に異界に取り込まれながらも、サイレンの誘惑に耐え人であろうとした人たちがいました。
「永遠に生きるってことは、永遠に苦しむことと同じだな・・・終わらせてやるよ、全部」
宮田さん・・・;-;
美奈たちにしたことは許されるものではないけれど、それでもこれは惚れそうになりますよ。


宮田さんの最後は次の次で。次は多聞の終着点。
スポンサーサイト
[ 2009/12/19 23:40 ] ゲーム感想 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。