箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

DARKER THAN BLACK 流星の双子 11話

水底は乾き、月は満ちる・・・

黒と蘇芳はそれぞれ決着をつけるため、別々に行動します。
黒は銀のもとへ向かい、蘇芳は紫苑に会うため池袋に。
二人で一緒に料理をしてご飯を食べるシーンは、なんだか最後の晩餐(朝食だけど)みたいな雰囲気でした。
和やかで、兄弟みたいで微笑ましいシーンだったのですが、これからの出来事に少し不安を覚えます。
できるなら、幸せな結末であってほしいです。
というか前回、蘇芳が無自覚とはいえ告白したのに兄弟って。ひどい?w

蘇芳はサンシャインの水族館にやってきました。
偽者だった笑顔の記憶の場所ですね。
心の支えにしていたと言ってもいい記憶が偽者であることをまざまざと見せ付けられてしまいました。
そこに現れたのは、死んだはずの父、パブリチェンコ博士。
こっちは生きてるのを知ってるけど、蘇芳にとってはびっくりな出来事。
それもあの時殺されたのはただのコピー、自分と同じコピーであれば、心中穏やかではいられません。
それでも、博士は蘇芳を自分の子どもとして愛していました。
心から愛していたけれど、お母さんから見たらそれは狂気の沙汰なんでしょうね。
生命の尊厳を踏みにじる行為だと言えなくもないのだし。
でも蘇芳は確かに存在してて、心もあるのだから、コピーだから、と切り捨てて欲しくないと思っちゃいます。

生まれたときから紫苑は契約者だったそうです。
妊娠中にゲートができたから、というのを差し引いても特別な存在であるっぽいです。
それだけに、明かされてない対価が気になります。
そして能力はコピーを作ること。
しかしそのコピーは、どこか一箇所本物と違ってしまうのだとか。
紫苑が自分をコピーしたのが蘇芳で、女の子として生まれてしまいます。
元々の蘇芳は男の子だったりして、なんて思いましたが特に関係なさそうなのでスルー。
コピーされた体に、紫苑が想像した「蘇芳の記憶」を博士がMEで植え付けて作り出されました。
二人の力がなければ生まれなかった存在。
彼らは蘇芳に何を求めていたのでしょう。

博士は蘇芳をかばって命を落としましたが、今わの際に、ペンダントは紫苑がいいと言うまで外してはいけないと言い残しました。
あのペンダントが流星核というのは確定事項でいいと思いますが、単に蘇芳が能力を使うのに必要なものだとか、そんな単純なものではなさそうです。
外したら存在が消えてしまうなんてことになったらショック・・・

三号機関はドールシステムを用いて、蘇芳の居場所を特定しました。
鎮目いわく、ドールシステムとMEネットワークは似た構造を持つそうです。
それを霧原さんに言ったのは、潮時だから。
鎮目って一体何者?何を目的としてるのかしら。
そういえばオーガストにしろ今回の博士にしろ、頭をつぶそうとするのはMEにかけられるのを防ぐためみたいです。博士は未遂だけど。
だから何と言われれば、さっぱりなのですがw

霧原さんをマダムが迎えに来ました。
マダム、すごい格好だ・・・!
どうして彼女は霧原さんに情報を与えたり助けるような行動を取るのでしょう。
彼女もいくつかの未来の記憶を知っているのでしょうか。
それで霧原さんが必要な人物であると手を貸しているとか?
この人も何が目的か謎です。
しかし猫と昔恋人だったという事実にとりあえず驚いて何も考え付きませんw

黒は耀子の情報をもとに、イザナミの保管場所へやってきましたが、またしても空っぽ!
葉月が待ち構えていて、黒のピンチ!?というところが引きでしたが、黒は無事だと思います。
アバンでの、覚醒した銀(?)のまわりには、自らの能力で命を絶たれたと見える契約者が数人。
ということで葉月は銀(?)にやられてしまうのではないかと。
都合のいいことに葉月の刃は能力で生み出したものですからね。

ゲートの内部は願いが叶う場所。そして何かを失う場所。
ついに双子が再会です。
が、紫苑はすでに倒れていました。
蘇芳と黒が、どんなふうに決着をつけるのか怖いながらも楽しみです。
そういえば紫苑のコピーが蘇芳なら、蘇芳もまたイザナギであるとは・・・言えないかな^^;

DARKER THAN BLACK-流星の双子-オリジナル・サウンドトラック
DARKER THAN BLACK-流星の双子-オリジナル・サウンドトラック 黒と会ったら、銀はどんな言葉を投げかけるでしょうか。
スポンサーサイト
[ 2009/12/22 23:50 ] DARKER THAN BLACK | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。