箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

SIREN プレイ日記その57

何故かここで春海ちゃん。
本当は宮田さんのつもりだったんだけど。

○四方田春海○

屍人に触られるだけでアウトという、サイレンキャラ最弱を誇りながらも、持ち前の頭脳で次々と屍人を罠にはめていく恐ろしい小学生。
最終的には、全キャラ中一人だけの快挙を成し遂げることになります。
赤い水を取り込んだ量が少ないというのは理由に入るのかしら。
そう言われてみると、屋内にいる時間が長いですね。
学校→田堀→刈割(たいてい倉庫でお留守番)→田堀→屍人ノ巣(屋根がある)

本来はよわっちい女の子のはずなのに、罠のせいで狡猾なイメージがついてしまいましたw
泣いてるのすら計算な気がしてくるよ・・・
弱冠10歳でのちのちまでトラウマになりそうな出来事を体験してしまったのですが、(高遠先生とか、双子のアレとかも入るよな)強く生きていってほしいですね。
キャラみんなでつないだ唯一の希望ってイメージですし。

牧野慶  第3日  合石岳・羽生蛇鉱山  16:00

終了条件2は、屍人全滅状態で水門への道へ到達すること。
ヒントは、「頭がふたつ。打ちつけられて起き上がれない」です。
美浜の合石岳のシナリオでも同条件がありましたが、多分こっちの方が楽だと思います。
頭脳さえ潰してしまえばOKですし、全身武器庫の求道師様ですから。

とかいって最初の蜘蛛にやられちゃった。ははは。
先に小屋の正面の蜘蛛を倒そうとしたら、思いのほか手間取って挟み撃ちでどつかれましたw
おかしいなー二発で倒せるのになー。

ヒントの「ふたつの頭」とは二人の頭脳屍人、つまり美奈と理沙のことです。
まずは理沙を倒しに行きます。
そういえばここって、どっちを先に倒してもいいんでしょうか。
いつも理沙から行ってしまいます。
理沙を倒すと、いつぞや病院の地下で見つけた杭でもって理沙を地面に打ちつける!
先生、鬼畜!
「打ちつけられて起き上がれない」はこのこと。
なんかつい、杭で止められてる理沙を追い討ちでもう1、2発殴ってしまうw
そういえば同行者でわざと攻撃を加えられたのは後にも先にも理沙だけでした。
私理沙に辛すぎ。ちょっと申し訳ないw

ついで美奈を倒しに向かいます。
理沙は坑道から出て来れませんが、美奈はもう少し行動範囲が広くて、坑道の外まで追いかけてきます。
見たか理沙、これが愛の差だ!(ぇ

美奈のいる方の坑道には、爆薬が仕掛けてあります。
一体誰がそんなことを。
起爆スイッチはサイレン小屋にあるので、忘れずに理沙のそばから鍵を入手します。
ときどき、美奈を倒すとそれだけで満足して導線をつなぐのを忘れたりw
坑道の入り口まですっぽり埋まってくれるので、普通に美奈を倒したら、復活して中に戻っていくのを待たずに爆破しちゃってオッケーなんでしょうが、つい確実に埋まるようにと待ちます。
さて爆破、ってときに導線つないでないのに気づくと悲劇w
しかしこれって、生き埋め・・・なんでしょうか。
というより復活して即圧死、をくり返すみたいなかんじ?ちょ・・かなり悲惨だよな・・・

美奈と理沙を倒すと、他の屍人はみんな倒れてくれるので、あとはゴールするだけです。
美浜のときみたいに時間を気にしなくていいのは結構なことだと思います。
初見殺しのトロッコがやってくることもないので気楽に行きます。
でもつい聞き耳たてちゃったりね。


     第3日  合石岳・眞魚川水門  18:39

水門を爆破し、ダム底を見た直後にあたるデモムービー。
宮田さんはダムの底に下りてきました。
「煉獄の炎よ、俺の命と引き換えだ」と宇理炎を掲げて屍人を消し去っていきます。
煉獄ってのは、小罪を犯した死者の霊魂が、天国に入る前に火によって罪の浄化を受けるとされる場所、とあります。(辞書に
中世にできた概念で、地獄におちるほどではないけどストレートには天国にいけない人のためのもの。
商人とか金貸しのためだっけか。

それはともかく、宇理炎に焼かれて屍人という苦しみから解放されるんですね。
宮田さんも、恩田姉妹に呼ばれて炎の中に落ちていきました。
姉妹は今頃坑道の中のはずですが、それでも宮田さんを迎えに来たんだと信じたいです。
この期に及んで理沙はいなくても良かったとか書くのはやめておきましょう(書いてるよ!)
今行くよ、っていう宮田さんの言い方がすごく優しくて、きっと本来はあんな鬼畜な人じゃないんでしょうね。
宮田さんも苦しみから解放されて楽になれたならいいな、と思います。

うん、宮田さんの「罪」は煉獄レベルじゃない気がするけどな!


次は恭也の最後の戦い、前編。兄貴うぜーーw
スポンサーサイト
[ 2009/12/29 23:20 ] ゲーム感想 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。