箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

聖剣の刀鍛冶 12話

刀鍛冶-Blacksmith

街に悪魔や人外が大挙して襲ってきた。
それがシーグフリードの仕業だと気づいたルークは止めに向かう。
セシリーも、リサの要請でシーグフリードを倒しに行く。
ルークが生み出す、セシリーのための刀を用い、シーグフリードを退けることができた。


盛り上がったような盛り上がらなかったような。

ルークはリサと向き合い、リサに謝りました。
リサと名づけたことで、リーザの影を背負わせてしまったと。
そして、リーザの影としてではなく、リサとして大事に思っているからこそ、自分の望む道を歩いていってほしいと伝えます。
対してリサは、ルークと一緒にいたいのだと伝えました。
いやーーすれ違い(?)がうまいこと収まってよかったです。
ずっと一緒にいたのにね。だからこそかしら。大事すぎて臆病になってたのかな。
リサの、「一緒に失っていきましょう」というセリフが印象的でした。
私の聞き間違いじゃないよね?w
セシリーががんがん介入していってこの状態になったのだから、やぱり主人公はセシリーなんですね。

やっと通じ合えた心。そんななか、空気を読まずに人外が襲ってきました。
セシリーが一体倒す間にルークは何体も倒してました。
シーグフリード・・・なんでルークじゃなくてセシリーにやられるのだ。
なんだかシーグフリードはすっかり小物になってしまって、私としてはガッカリです。
街の惨状を目にして嬉しそうにしてるときのセリフにも、拭いがたい小物臭が・・・。

セシリーがルークのところへ行く途中、金髪のお姉さんが立ちはだかります。
しかしあっさりすぎてなんだかなぁ。
アリアを消耗させるための捨て駒にしか見えなかったのが残念。
シーグフリード含め、もっとバックグラウンドを描いてくれれば深みのある戦闘になったでしょうに。

というわけでアリアを置いて丸腰でシーグフリードの前へ到着。
ちょうどその時、ルークとの決着がついていました。
傷を負ったルークを守るように、シーグフリードの前で両手を広げて立ち向かうセシリー。
いくらなんでも無謀だ!
ルークは、自分のせいで誰かが犠牲になるのはもう見たくないと言いますが、逆にセシリーは一喝。
リーザは犠牲になったのではなく、守るために戦ったと。
詭弁のように感じもしましたが、リーザの死を汚すな、という言葉にはうなりました。
すべてを認めて戦うことがリーザへの手向けとなる・・・かどうかは分かりませんが(ぉぃ
負い目を感じて後ろ向きに生きてるんでは、守った甲斐がないよなぁと思ったり。

セシリーの言葉を聞いて、ルークは魔剣の鍛錬を始めました。
そしてその刀は、セシリーを守る、セシリーの刀として渡されます。
その間ずーっと待っててくれる優しいシーグフリードw
愛とやらがなんぼのもんか、全部まとめて叩き斬ってくれるわい、といったとこでしょうか。
その余裕に足を掬われるんじゃ、悪役としてまだまだだぜ!

ルークの生み出した刀は、シーグフリードの魔剣の前に折れてしまいましたが、それでも刃はシーグフリードに届きました。
それは、セシリーの折れない心、強い信念のためですね。
そして、ルークの刀はちゃんとセシリーを守ってくれました。

「期待しているぞ、ブラックスミス」というセシリーの言葉に、「まだなまくらのブラックスミスだ」と返すルークには、嬉しくなってしまいました。
1話では刀は打たないとか言って刀鍛冶であろうとしなかったのに、なまくらだろうが刀鍛冶であることを受け入れたのですから。
そう遠くないうちに、ルークが聖剣を打つ日が訪れるかもなぁ、と期待させる終わり方です。
ルーク、セシリー、リサに関してはうまいことまとまったと思います。

が、正直最終回にあたって、強引に終わらせた感がひしひししました。
帝国の要人であるはずのシーグフリードが勝手に都市を襲わせちゃうのはどう収集をつけるのでしょう。
これまでの国家間の駆け引きは何だったのだとちょっと不満です。
あと、セシリーにも何か秘密(?)があるっぽいのに、そっちは放置なのも気になるところ。

ともあれ、最初から最後まで一貫して騎士であったセシリーには脱帽。
二期は・・・あるんでしょうか。
キャラクターは好きなのであれば見たいです。
スタッフ・キャストの皆様、おつかれさまでした。

聖剣の刀鍛冶(ブラックスミス)〈7〉 (MF文庫J)
聖剣の刀鍛冶(ブラックスミス)〈7〉 (MF文庫J) セシリー、本当に成長したねぇ。
スポンサーサイト
[ 2009/12/28 04:39 ] 聖剣の刀鍛冶 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。