箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

うみねこのなく頃に 26話

episode Ⅳ-Ⅷ sacrifice

ベアトリーチェはゲームを投げ出し、戦人は自分を見失い、お互いに戦意喪失状態でした。
そこで縁寿が動きます。

まずはベアトリーチェと真里亞がいる所へ出向き、ベアトリーチェを引っ張り出します。
二人のいる場所は黄金郷だそうですが、それにしては寂しいところです。
真里亞は、ここには優しいママがいると主張しますが、その楼座は目が虚ろで、とても愛に満ちたママには見えません。
縁寿は、今いる場所は真里亞の本当の黄金郷ではないと言いました。
本当の黄金郷はもっと幸せそうな場所な気がします。
今の場所は、現実から逃げ出してきた場所にしか見えませんもの。

さくたろうを生き返らせることができたら、真里亞はそこを出て行くと約束しました。
そして宣言どおり、縁寿はさくたろうを生き返らせてみせました。
ベアトリーチェにできなくて、縁寿にできたのは、ベアトリーチェが本物の魔女じゃないからだそうです。
愛がなければ魔法じゃない、ということ?
確かに初期の嗜虐心いっぱいのベアトリーチェは、愛のある白い魔法ではなく愛のない黒い魔法を使ってたように思えます。
その意味で、本物の魔女ではないと言えそうですが。

縁寿が六軒島に来る前に船長のところで見つけたのは、さくたろうでよかったのでしょうか。
さくたろうに込められた、真里亞への愛。
本当は楼座には真里亞への愛がちゃんとあったのに、それを見抜けないベアトリーチェには魔法は使えないと、そういう意味なのでしょうか。

縁寿がメタ世界に来るにあたって、一つだけ守らなければいけなかったこと。
それは、自分の正体を戦人に知られないことでした。
けれど戦人を呼び戻すために、縁寿は正体を明かしてしまいます。
戦人は自分の存在に揺らいでいましたが、家族とは血ではなく絆であること、妹が一人待っていることを聞き、少しずつ魂が戻ってきました。
そして駄目押しがグレーテル=縁寿であること。
「帰ってきて、お兄ちゃん」という悲痛な叫びには、思わずうるっときました。
縁寿ほど純粋に好きというわけではないけど、格好よくあってほしいというのは分かる気がします。
なんだかんだでお兄ちゃんのことは好きなんだよなぁ^^;

さて、縁寿のおかげでゲームが再開されました。
しかし戦人の推理(?)は、暴論というほかなく・・・。
幾許かの真実は含んでいるのかもしれませんが、あれが真相ではあまりにひどいです。
もちろんもうちょっと筋の通った真実があるのでしょうけど。
ともかくベアトリーチェは戦人に負けたいようでした。
戦人の推理(?)に次々と体を貫かれ、もうとどめをさしてほしいと、最後の謎かけをします。

「私は、だぁれ?」

ここのベアトリーチェは今までで一番きれいでした。
ベアトリーチェがゲームを投げ出したのは、戦人が6年前の罪を思い出せないからでした。
6年前の罪と、ベアトリーチェの正体、戦人の出生は一本の線でつながるのでしょうね。
その結果起こったのが1986年の一族皆殺しの事件。

ベアトリーチェが今まで本当にしたかった謎かけは、事件は人の手によるものか魔法によるものか、ではなくベアトリーチェとは何者か、ということだったんでしょう。
過去に会ったことがあって、戦人にずっと思い出して欲しかったのかな。
なのにゲームを繰り返しても、直接6年前のことを聞いても、いっこうに思い出す気配がありません。
だもんで絶望してひきこもってしまったのかと。
思い出してくれないなら、もう存在が消えてしまっても構わない、どうせなら戦人の手で消してほしいと、そんなかんじかなーなんて思ったり。
ベアトリーチェは、魔女だと認められることの望んでいるように見えて、本当は、ただ存在しているということだけを認めてほしかったのかもしれない、とも思いました。

Cパートはベルンカステルとラムダデルタの会話。
全てはこの二人の遊びでしかないような言い草ですよね;
「ベアトは絶対に勝利できない。そして奇跡は絶対に起こらない」
そんな絶望的ななか奇跡を起こすのが魔法ってもんじゃないですか。


とりあえず今回で出題編は終了です。
また原作が終わったころに二期がくるんでしょうか。
うみねこにおいて重要なのは、事件の謎ではなくて人間関係だと思われます。
そこの描写をカットして顔芸とか恐怖演出みたいなことを強調しても、あんまり意味がないのでは・・・。
二期があるなら人間関係や内面の描写をもっとやってほしいです。
半年間、スタッフ・キャストのみなさま、おつかれさまでした。

TVアニメーション「うみねこのなく頃に」イメージアルバム ROKKENJIMA in LOVE
TVアニメーション「うみねこのなく頃に」イメージアルバム ROKKENJIMA in LOVE 出題編をやろうか他の積みゲーを崩そうか悩み中。
スポンサーサイト
[ 2009/12/29 02:19 ] うみねこのなく頃に | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。