箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

バカとテストと召喚獣 1話

バカとクラスと召喚戦争

進級テストの成績でクラス分けされる文月学園。
上位のクラスと下位のクラスでは設備も大違い。
主人公・吉井明久は、同じクラスの姫路瑞希のため、教室の設備をよくするべく試験召喚戦争をすることになった。
Fクラスの明久たちはEクラスには勝利したが、今度はAクラスから宣戦布告される。


学園もののはずなのに召喚獣でしかも戦争とは何ぞや、と思っていたら、意外とほのぼのでしたw
直前の試験の成績によって強さの決まる召喚獣を呼び出して戦いあうというもの。
召喚獣っていうか当人をちっこくデフォルメしたのってかんじですが。
その中で死んだら補習室行き、や回復には試験を受ける、といった設定が面白いです。

「試験召喚戦争」略して「試召戦争」とは、勝ったクラスと負けたクラスの教室をとっかえっこできるというもの。
AクラスはPC支給にドリンクバー設置という豪華さ、対して最下位のFクラスはボロボロの座布団に卓袱台、教室は埃まみれで隙間風も入ってくるという有り様。
成績が悪いからといって、これは厳しいw
よりよい設備で勉強するには、試召戦争に勝つしかないってことです。
勉強の推奨ともとれますが、こんな環境におかれては勉強にも身が入らなそうですが。
壊れた卓袱台にはボンドで、教卓には工具で対応、の淡々とした先生がなんだかおかしかったです。

明久は10問に1問はできたよっていうおバカさんですが、同じクラスにはお仲間もいました。
ということは彼らも成績的にはおバカさん^^;
例外は風邪で試験を退席した瑞希で、彼女はAクラスの実力だそうです。
で、まだ風邪の治りきらない彼女のために、というかええ格好するために?試召戦争を行うことになりました。

ちっちゃいキャラが動き回る試召戦争は見てて楽しいです。
召喚する人物によって召喚獣の服が違うのもいいかんじ。
そして秀吉に無意味に変身シーンがあって吹きましたw ていうか変身してないじゃん!

今回は力押しで、作戦と言えば時間稼ぎくらいでした。
今後は多彩な作戦が出てくるといいなぁと思います。
キングオブバカの代名詞らしい観察処分者、明久の特殊能力が生きるときは来るのでしょうか。
しかし物に触れるってことと召喚獣のダメージをそのまんま受けるって能力は、本当に試召戦争に役に立つんだろうかw
召喚獣は物理ダメージは受けないですよね。かといって人を狙うのも反則っぽいし。
そういえば明久の点数は10点でした。
つまりちゃんと10問に1問、答えた分は正解してたってことです。
よかったね(笑)

次はAクラスと対戦、ということでどう対抗するのでしょう。
難しくなく見れそうなので、次回以降も楽しみにしてます。
ところで、クラス対抗だけじゃなく一人一人の入れ替え戦みたいなのもあったりしないのかしら。

バカとテストと召喚獣 (ファミ通文庫)
バカとテストと召喚獣 (ファミ通文庫) 試召戦争は映像向きかなーと思う。
スポンサーサイト
[ 2010/01/10 23:52 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。