箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

咎狗の血 4話

休刑/ease

リンのすすめで中立地帯のホテルへ向かうことになった。
そこで、ひとときの休息を取るが、付近にシキがいると聞き、リンは飛び出していった。
アキラはリンを追いかけるが、リンではなくシキに出会ってしまう。


今回のアバンでは、具体的な色は出てきませんでした。
重なり、溶け合う色。
これってそのまんまアキラたちのことでいいんでしょうか。

前回アキラは猛に連れていかれてましたが、思ってたよりケイスケたちと離れてしまっていた模様。
そこでケイスケとリンは手分けしてアキラを探していました。
むしろケイスケが危ないよと思っていたのでアキラが突っ込んでくれて満足です(ぇ

リンは昔Bl@sterの団体戦に出てたそうです。
その時の仲間もトシマに来ていましたが、どうも仲はよろしくないようで。
リンがかつて仲間を売って逃げ出した、とかなんとか。
リンの過去は色々ありそうで気にならなくもないのですが、アキラは話したくないなら話さなくてもよい、という態度でした。
アキラだってトシマに来た理由とか、話したくないこともありますもんね。
え、とリンが虚を突かれるシーン、あそこでリンの胸キュンの音が聞こえたのは私だけですかww

アキラのねぐらが通りからすぐ近くで危ない、という話でしたそういえば。
というわけで、中立地帯のホテルなら安全と、そこに向かいます。ケイスケとの待ち合わせもそこでした。
ホテルでは、豚タグと物資を交換することもできるそうで。
生活するうえでタグは必須のようです。イグラに参加してない人はどうするのかしら。

ともあれ、リンが豚タグで食料をもらってきてくれました。リン太っ腹。
ソリドと水という味気無さそうな食事ですが、ひとときの休息といったところ。
アキラはオムライス味だそうです。結構いろんな味のソリドがあるんだな。
アキラはお子様舌なんていわれてましたが、私好きですよオムライス!(何の主張)
あとグリーンカレーおいしいって答えたら味おんちって言われてた!何故に!w

和やかな時間も、シキの登場で終わりを告げます。
アキラとリンがいいかんじで(?)じゃれあっていたのも、シキが出た、という男の悲鳴で終了。
急に表情を変えてその場を去るリン。シキとは浅からぬ因縁があるんでしょーね。
アキラは寝ているケイスケを置いてリンを追いかけます。ケイスケを置いて。起きろケイスケw

シキとの遭遇・二回目。
今回はまともに戦いますが、実力の差は歴然としていました。
ていうか武器のリーチ違いすぎだろ。はじめから不利だろ。
しかし武器なしのシキにさえ、追い詰められます。
首を絞められて絶体絶命。
けどアキラは奮闘しましたね。あそこから距離を取れると思いませんでした。
どこまでも抵抗するアキラを気に入ったのか、殺さずに立ち去りました。

結論。シキは格が違う強さでした。
この二人は、これからどういう関係になっていくのでしょう。
この先戦うことになってもアキラが勝てる気がしないw
スポンサーサイト
[ 2010/10/30 02:36 ] 咎狗の血 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。