箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

咎狗の血 5話

決蔑/crack

シキとの交戦のあと、ふらふらと歩いていたアキラは柄の悪いイグラ参加者に絡まれる。
彼らはアキラを傷つけるが、突然苦しみだした。
その隙をついて相手のタグを奪い逃げ出すが、その後絡んだ相手の姿を見て衝撃を受ける。
そのままホテルに帰ったが、ケイスケの煮え切らない態度に怒りをぶつけてしまう。


今回のアバンも具体的な色は出てこず。
一話ぶりに猛が登場し、彼の前にナノが現れます。
ナノはライン?を猛に手渡した後、忽然と消えてしまいました。
ナノって生身の人間なのかしら。
ともかく、今回は偽りの色で自分を塗りつぶすかってなアバンでした。
猛は手に入れた薬をどうするんでしょうね。使うんでしょうね。

アキラがふらふら~っと歩いてて、あれ、一週飛んでないよね、前回の続きだよね、といぶかしんでしまいました。なんか唐突感があって。
そして突然絡まれるアキラ。
やけにあっさり傷つけられちゃって拍子抜けしました。
なんで今回はこんなにやる気なさげなんでしょうか。
アキラの血を舐めた相手が、突然苦しみ出しました。
ここ、普通にスルーしてしまった(笑)私鈍いよ!ラインのせいかと思った。ライン、怖い薬なんだなーなんて頓珍漢なこと思ったりして。
よそさまの感想によると、アキラの血のせいだったらしいです。
そう言われるとそんな描写でしたw

逃げ出したアキラは、相変わらずふらふら歩いています。
そこへ処刑人がやってきましたが、源水がかばってくれました。
おいちゃん渋いねぇ。
源水は源水で何か動いてるっぽいけど、ちゃんと綺麗にパーツとして話に組み込まれるか不安ですw
処刑人が引きずっていたのは先ほどの相手の死体。
やばい薬物でも摂取したような顔色でした。
アキラは、自分が殺したのかと呟いて。人を殺してしまった罪悪感?トシマは殺し殺されが当たり前の場所だとあらためて実感?
アキラの倫理観はごくごく一般的なものなのですよね。
心中うずまいたのは、やりきれなさ、かな。

前回置いていかれたケイスケは、怪我をしたアキラのために救急セットをもらおうとしますが、ケイスケ手持ちのタグではどうしようもありません。
そして今回もリンのおごり。
いつリンが牙を剥いてくれるか今から楽しみです(え

今回のケイスケはいつにもましておどおどしていた気がします。
これは苛々するな、というほうが無理というもの。
ケイスケには苛立ったのでしょうが、でもあれは八つ当たりに見えました。
そもそもアキラがケイスケにどんな感情を抱いていたのかいまひとつ不明。
過去のエピソードも、関係性が変わっていないことは分かるのだけど、二人は友達なのかと思うと疑問です。
1話を思い返すと、何にも執着をもたないアキラがケイスケには反応していたり、特別な存在なのだろうとは推測できるのですが。
具体的に、ケイスケを大事に思ってるって実感できません。
飛び出していったケイスケが次回ややこしいことになるっぽいのですが、どう収拾をつけるのでしょう。

そういえばシキとアルビトロがつながっていたことには驚きました。
取引相手、みたいな?
液体の入ったアンプルをごそっと置いていきましたが、あれは…ラインとは色が違った気がするんですが。ただの気のせい?
とりあえずアルビトロは変態担当。シキが変人ならあなたは変態ですね、分かります。
スポンサーサイト
[ 2010/11/06 23:04 ] 咎狗の血 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。