箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

レンタルマギカ 14話

星のキオク

協会の紹介で、アストラルに星祭りをしてほしい、との依頼がくる。
依頼人は石動圭、猫屋敷の弟弟子だった。
彼は星祭りを利用して猫屋敷と決闘しようとしていた。
猫屋敷は圭と正面から向き合い、圭の姉・朔夜との約束を守った。


待ってましたー!の猫屋敷さん回でした。
いやー、強かったですわ。
勝負にすらなりません。治療する余裕までありますし。

石動姉弟が良い味出してました。
まず圭。
猫屋敷さんを恨むのは筋違い、とか自覚があるところがいいです。
自覚がありつつもどうにもならないっていうその葛藤が、なんというか・・色気がありました(?)ナンノコッチャ。
彼にとって、猫屋敷さんは強ければ強いほどよかったんでしょう。
だから笑っていた。
とんがった危うさがなかなか魅力的じゃないですか?

今回一番おいしいと思ったのが朔夜さんでした。
なにか違う、と思ったら、呼び捨てだったんですね。
猫屋敷さんと親しいです、的なオーラをびしびし発していたようなw
既に故人なのが惜しまれます。
約束の内容が「見捨てないで」だったのは唸りました。「守って」とかじゃなく、か。

いつきが猫屋敷さんの過去を垣間見ていましたが、あれも妖精眼の能力の一つなんでしょうか。
視点が猫屋敷さんになっていたのが気になります。
手助けしたいのをこらえ、穂波たちも止めたのは立派でした。
社員の意を汲むのも社長の大事な仕事ですよね。

猫屋敷さんが流派を離れたきっかけはみかんを拾ったからでした。
良家の子女みたいですね。あんなちっこいのに一人だったの?
3話で気になること、代用品じゃない、とか言ってました。
そこに絡む話はこれからするんでしょうか。
みかんを放っておけなかったからなのに、自分が悪いように言うところに人柄を感じました。

あー猫かわいいよなぁ・・・。
猫飼いたい。でもマンション住まい。泣。
[ 2008/01/17 23:35 ] レンタルマギカ | TB(0) | CM(0)

レンタルマギカ 13話

入信儀礼

穂波とアディリシアの過去のお話。
二人は学院の入信儀式をペアで受けることになった。
アディリシアは自分の能力を示すため呪波汚染の核を壊そうとするが、半端に壊れたため被害が拡大してしまう。
茫然自失になるアディリシアだが、穂波と協力して解決した。
穂波が頑張ったのは、いつきのためだった。


穂波とアディは昔から知り合いとは語られてたけど、あんなちっこい頃からの知り合いなんですね。
穂波が落ちこぼれだったとは驚きました。
アディが穂波を気にしていたのは自分のペースを守っていたからでしょうか。

被害が拡大して、穂波以外の建物内の人が倒れていったのは怖かったです。
ていうか そんな危険なものを入学試験で使わないでくれ・・・・。
先生まるで役にたたないしー・・・。

アディが「逃げなきゃ」ってなっちゃったところがまだ子どもですね。
今だったらそんなことないんでしょうけど。
これはいい経験になったんじゃないでしょうか。
穂波は妖精眼のことがあって以降、精神的に強くなったのかもしれません。
守りたい人がいるから強くなれるっていうこと?
写真かわいかったです。土壇場で強い人は素敵。
相変わらず穂波の立ち位置がヒーローに見えました。

間違って送られたアルバムを届けにきた いつきに、アディが聞かせた話だったみたいです。
しかし都合よく間違えられたもんですね。
穂波はアディに対して嫉妬を感じているようですが、一緒に届けに行ったまなみには?

穂波の原点を見つめなおすのと、アディとのなんだかんだでよきライバルの関係がとてもよいかんじ。
2クール目一発目として、よかったです。
穂波好きだなーと思ったのですが・・・あれ、アディ回でした?
[ 2008/01/09 19:45 ] レンタルマギカ | TB(0) | CM(0)

レンタルマギカ 12話

聖夜に捧げるレクイエム

いつきが誰かにクリスマスプレゼントをあげようとしていることを聞いた穂波とアディリシアは、いつきを尾行する。
二人とも自分かもしれないとドキドキしていたが、プレゼントの相手は幽霊の少女だった。
穂波を探しに来たまなみも加わり、三人でいつきの後をついていくと、いつきは教会の中へ入っていく。
呪波汚染が発生しており、いつきが誘い込まれたと思った三人はアディの魔法で教会に乗り込むが・・・。


穂波とアディは勘違いでした。
なんていうか、二人が期待してる時点でプレゼントの相手ではないのは確定ですからね。
尾行っていうかストーカーっぽいです。
いつきは いつぞやの神社でバイトをしていたらしいです。
社長なのに・・・。
裏口から出て行ったので、実は尾行に気づいてるんじゃないかと思いました。

幽霊の少女とともに教会へ入ったいつきを助けようと乗り込んだ三人。
ものすごい場違い感がなんともいえませんでしたw
子ども達の過去が挿入されました。
あれって、まなみの能力で、彼女が見せたのでしょうか?
神父さんがいないのはちゃんと召されたんでしょう。
キリスト教なので断じて成仏ではないですねw

いつきが提案したプレゼントは、歌。
あれ、じゃあもしかしてバイト代は未使用でいつきの手元に・・・?
恥ずかしがっていた穂波とアディですが、まなみが歌いだしたのでみんなで歌います。
あと魔法でイルミネーションっぽいこともやってました。
やっぱり手品師の認識は変わらない・・・!
それに指揮はいらんやろ。
いつきたちのプレゼントのおかげで子どもたちも召されていきました。
呪波汚染の核はクリスマスプレゼントの人形でした。
なんか悲しいなぁ。無害な呪波汚染もあるんですね。

アストラルに戻ると、クリスマスパーティーが開催されました。
今まで関わった人が招待されていて、最終回みたいでした。
おまけにEDはアストラルのみなさんverだし。
[ 2007/12/27 19:37 ] レンタルマギカ | TB(1) | CM(0)

レンタルマギカ 11話

死者に咲く花

冬虫夏草の採取を依頼されたアストラル。
いつき・まなみ・穂波の3人で墓場へ採取に向かう。
しかし冬虫夏草は自分のものだと主張する男があらわれて―。


突然地中から出現する まなみさんw
どうして彼女は土の中にいたんでしょうか。

今回の依頼人はディアナさん。見た目怪しい人です。
そういえばアストラルって魔法使い派遣会社でしたね。
冬虫夏草は人の骸に咲く花で、記憶を糧とするらしいです。
なんでキノコと同じ名前なんでしょ。違う名前にすればややこしくなくていいのに。
記憶で咲く花かぁ・・・。人によって色とか大きさとか変わるんでしょうか。

正当な持ち主だと主張する男は、死体を使っていつきたちに襲い掛かります。
火葬だから使えない、みたいなこと言ってた気がしますが骨だと具合悪いんですかね。
死体を使うという冒涜にいつきは怒りを覚えます。勝手に使われるの、自分だったらすごい嫌です。
というわけで渋々だった仕事にもやる気を出しました。

でも いつきって甘いです。
そこが彼の良いところであり命とりなところでもあります。
穂波の言葉から、魔法使いの業界は結構シビアであることが伺えます。
いつき父だってキレイな仕事ばかりやってたわけじゃないでしょうし。
今回はディアナさんも いつき父も真っ当な理由で(?)冬虫夏草を扱っていましたが、そうじゃなかったら いつきはどうしたんでしょう。
もし男(名前なんだっけ・・・)にいつきが納得するような目的があったら渡しちゃったんじゃ・・とか思いました。
まー甘さのなくなった いつきは主人公にはなれないでしょうけどね~。

戦闘は、グラムサイト発動→穂波、まなみの援護→いつき正拳突き、でした。
なんでとどめ(?)がいつきの拳なのか不思議です。
だって非力そうだしw
まなみの能力も発動してました。この回で会得したっぽいですね。
まなみスポット回かなーと思うのですが、妙にかすんでしまったかんじ。

原因はこの人、ディアナさん。
怪しさ大爆発で怪しい理由があってアストラルに来たと思ってました。
喪服のあたりで この人そんな悪い人じゃないかも?と思い出し、
「おかあさん」で胸打たれました。若干誇張。(え
最後は大人の魅力で若人を惑わします。当らずとも遠からずかな、とw
アディがいないのが惜しまれますね。
大変だね いつき。

ぼんやりしてるうちにユーダイクスの話は終わってしまいました。ははは。
夜の0時からって見づらい時間帯なんですよねぇ。
[ 2007/12/20 08:28 ] レンタルマギカ | TB(3) | CM(0)

レンタルマギカ 8話

温泉魔法

いつきの目を治療しようと、温泉にやってきたアストラルの面々とアディ。
しかし霊脈がずれていたため期待していたほどの効果が得られそうにない。
そこでみんなで霊脈の位置を探そうとするのだが・・・。


今回はかなりコメディの色合いが濃かったです。
災難だったね、いつきw

穂波とアディはいつきのため、というか相手に負けないため魔法をバシバシ使いまくってかえって呪波汚染を引き起こしていたようです。
二人の妄想は笑いました。
性格でますねw
一生懸命禊ぎをしてるみかんは可愛かったのですが、二人があそこまで激しいとちょっと自分は引いてしまったり。
いつきへの恋心よりライバルへのプライドの方が強いんじゃないですか?
もういっそ穂波とアディがくっつけばいいよ(え

霊脈がずれていたのは祀られていた岩が落っこちていたのが原因でした。
みんなで協力してその岩の位置を戻そうとします。
まなみって何の力があるんでしょうか?
そういえば1話でも何か力を使っていましたが。
なんとか岩を戻し、無事温泉に霊脈が戻りました。

気を取り直してもう一回お風呂タイムです。
何故だか特に色気を感じず・・・。浴衣の方が色っぽかったです。なんでだろう。
穂波とアディはなんだかんだいっても良きライバルのようです。
お互いに高めあう関係かもしれませんね。
同じものを求めなければ関係はうまくいきそうなんですが。。。
だから二人がくっつけば(もういい)
混浴ってことでやけに鼻息荒かった猫屋敷さん。
混浴の相手とは、・・・猫さんたち。
式神、ですよね?性別あるのか・・・?
いつきは今回のことで温泉が嫌になってしまったとさw

今回はアストラルの慰安旅行ってかんじだったのに、アディがナチュラルにいるのがちょっと不思議でした。
まぁ、アディがいなければ成り立たないお話だったわけですが。
挿入歌はアストラル社員のみなさま歌唱w
次回はまたシリアス路線に戻りそうです。この間の錬金術師が出てくるんでしょうかね~。
[ 2007/11/29 21:41 ] レンタルマギカ | TB(0) | CM(0)

レンタルマギカ 7話

赤い髪の少女

ある日いつきはホムンクルスの少女・ラピスと出会う。
後日、アストラルにラピスが客としてあらわれ、「バジリスクの目」を入手したいと言った。
ラピスに案内された先でバジリスクと対峙したいつきは、妖精眼を使って倒した。
しかし呪波汚染におかされてしまう。
猫屋敷さんの洗浄(?)によって事なきを得るが、みかんや穂波はラピスをいつきに近づけないようにする。
ラピスは部屋を破壊して兄様のもとへ去った。
兄様、とはアストラル創設メンバーの一人で、先代社長に心酔していた錬金術師だった。


穂波の厳しい指導に愚痴をこぼすいつき。
できすぎる人も困るけど、できない人はもっとっ困るってことで、耐えろw
ご褒美は竹筒からちゅるんの羊羹。しかしラピスに食い尽くされましたw
バジリスク遭遇から倒すまでがあっという間で、かなり戸惑いました。着地点が見えなくて。

いつきが妖精眼を使わないでいいように頑張らないと、とまなみは言いました。
あんまりいつきはカリスマってかんじゃないですが、彼の魅力が彼女にそう言わせるんでしょうね。
話には関係ないですが、ここで猫屋敷さんの目が開きました。
普段猫目のキャラが目を開けるとときめくんですが、あれって目一杯見開いてるんでしょうか。
それとも普通に開けられるのにわざといつも細めているのでしょうか。
どちらしにても疲れそうです。
一度気になるともう気にしないようにはできないww

みかんとラピスがほっぺたをつねりあって喧嘩しているところは微笑ましかったのに、あの後あんな流れになると思いませんでした。
ていうか、「ラピスはラピスだよ」って、似たような台詞をまなみの時にも聞いた気がw
状況が違えば非情になれるのがやりきれないです。

結局ラピスはアストラルメンバーと相容れることなく帰っていきました。
そして兄様によって、手に入れたバジリスクの目を左目に宿しました。
この先敵としてあらわれるんでしょうねー。
兄様、名前は長ったらしいので覚えていませんが、いつきの父と旧知の仲だそうです。
猫屋敷さんも面識がありそうな。
兄様とラピスがこの先どんな風にからむのか期待して以下次回。

話がどこへ向かうのか分からないですが、アニメだけ見てる人にもやさしい作りでこの先やっていってほしいです、とか。
前回携帯から送ったら最後の方きれててびっくりしました。
↑ちゃんと確認しろよー。
[ 2007/11/21 15:54 ] レンタルマギカ | TB(1) | CM(0)

レンタルマギカ 6話

普通に(ようやく)前回からつながってました。

いつきは、この間の呪波汚染の中では何も見なかったと言い張り、影崎氏にひいてもらいました。
まあ、バレバレでしょうけど。
嘘がつけない人ですね、いっちゃん。
ゲーティアとアストラルが協力して対処することになりました。
ゲーティア、といってもアディ一人です。
前回穂波にしかけた攻撃で消耗しきってるって…ゲーティアの魔法使い役に立たないww

アディが囮になり、夜の遊園地で作戦が開始されました。
うまいこと魔法になった魔法使い、アディの父親をおびき寄せることに成功しますが、父はかなり強く、いつき達は窮地に陥ります。
絶体絶命の時、いつきが眼帯を外し、妖精眼を使い見事核を射ぬきました。

まだちっこいままの魔神(魔人?)さんがかわいかったです。
しかし悲しいことに父にのまれてしまいました。嗚呼(泣)
父の力が圧倒的なのかみんなしてやられちゃって、ゲーティアもアストラルも会社的に大丈夫なのかとかいらん心配をしてしまいましたw
さて、初めていつきが主人公っぽかったです。(え、今までは!)
妖精眼てのは全ての魔法の力や流れが見えちゃう眼のことなんですね。
うまくコントロールすれば最強ですか。
正拳突きで核を射抜いたから父が敗れたと思うのですが・・・実際どうだったんでしょ。

アディは父の尊厳を守るために来た。
その言葉を聞いて、彼は最期に微笑んで崩れ去りました。
肉体が残らないのも悲しいものですね・・・。

なんとかアストラルは登録抹消を免れたみたいです。
報告がどういう形で行なわれているのか気にはなるんですが・・・。
ところで今回いつきは足の骨を折ってしまいました。
ということは本来の時間軸でいえばこのあと4話だったんですかね。
あー分かりにくい。
戦闘シーンのいいところで母から「さっさと髪乾かしなさい、ぬらしっぱなしが一番いたむのよ」なんつー邪魔(?)が入ったのが若干心残りww
[ 2007/11/14 23:59 ] レンタルマギカ | TB(1) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。